キョン「さっき言った通り妊娠しても責任は取らないんでそこんとこヨロシク(笑)」 ハルヒ「私と佐々木さん、どっちが好きなの?」

公開日: : 涼宮ハルヒの憂鬱SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月27日 (金) 23:55:01 ID: PuPpWDBx0
キョン「な、なぜだ……」

ハルヒ「やっほー」

キョン「……俺、お前と何か約束していたか?確か今日は、不思議探索は休みだったはずだが……」

ハルヒ「そうよ!あたしがあんたの家に行くために休みにしたの!」

キョン「いや、ちょっと待て。何故お前が俺の家に来るんだ?」

ハルヒ「抜き打ち団長テストよ!」

キョン「……は?」

ハルヒ「あんたが団員であるために越えなければならない試練なのよ、これは」

キョン「さっぱり訳がわからん」

ハルヒ「ま、いいからあんたの部屋にあげなさいよ」

キョン「はぁ!?お、俺の部屋だと!?」

8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:00:40 ID: IrxwDXrD0
キョン「無理だ!突然すぎるぞ!?」

ハルヒ「あら、何よ。何か見られちゃまずいものでもあるわけ?」

キョン「あがっ……」ワナワナ

ハルヒ「……ふーん。5点減点」

キョン「な、なんだそれは!」

ハルヒ「ちなみに10点引かれるたびに奢り一回だから」

キョン「無茶を言うな……第一採点基準がわからん」

ハルヒ「採点基準はこのあたしよ!」

キョン「……帰ってくれ」

ハルヒ「おじゃましまーす」

キョン「おい」
12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:05:15 ID: RLC7LmH/0
ハルヒ「ここがキョンの部屋ね!」

キョン「お、おいハルヒ、頼むから、頼むから」

ハルヒ「本当に見られたくなさそうね」

キョン「男の部屋には色々あるんだよ……」

ハルヒ「ま、どうせエロ本とかでしょ?気にしなくていいわよ?別に」

キョン「なっ……ば、馬鹿野郎!気にするに決まってるだろうが!」

ハルヒ「なんでよ?いいじゃない別に」

キョン「あのな……自分の性癖をさらけ出すのがどれだけ恥ずかしいかお前にはわからんのか?」

ハルヒ「なに?そんなに特殊なの?……へーえ、これは楽しみになってきたわ!」ガチャ

キョン「おっ、馬鹿!よせ!」
14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:11:26 ID: RLC7LmH/0
ハルヒ「……なによ、別に普通じゃない。てっきりエロ本が山積みで寝る場所がない、とかだと思ったのに」

キョン「そんなわけあるか!というかお前絶対探すつもりだろ!?」

ハルヒ「よくわかったわね」

キョン「やめろ。後悔せんうちにだ。何がでてきても知らんぞ」

ハルヒ「な、何よそれ」

キョン「……やめろ」

ハルヒ「……わ、わかったよ、もう。なんかあんた目が本気で不気味だわ」

ピンポーン

ハルヒ「ん?」

キョン「げっ」

ハルヒ「誰か来たわよ……」

キョン「待て待ておいおい……早すぎるぞ……」
17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:14:36 ID: RLC7LmH/0

ハルヒ「出なくていいの?」

キョン「……」

ハルヒ「大丈夫よ。さすがのあたしでも本人がいない前では部屋漁ったりなんかしないわよ」

キョン「……信じていいんだな?」

ハルヒ「もちろんよ」

キョン「……わかった。少し待っててくれ」

ハルヒ「早くしなさいよ。暇なんだから」

キョン「ああ」
19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:20:33 ID: RLC7LmH/0
佐々木「やあ、キョン。随分出てくるのが遅かったじゃないか」

キョン「反対にお前は来るのが随分早かったが、どうしてだ?」

佐々木「質問を質問で返されるとなんだか誤魔化されたような気がしてしまうよ。しかし、そうだね、正直に言おう。
久しぶりに君が勉強しようなんて言うもんだから、つい舞い上がってしまってね。
いても立ってもいられなくなってこの有様、というわけさ」

キョン「なるほど。佐々木、よく聞いてくれ。お前のその気持ちは素直に嬉しい。しかしだな」

佐々木「……何か問題でもあるのかい?もしかして、忙しかった、とか?」

キョン「いや……なんというか……その……いきなり悪魔が」

ハルヒ「何してんのよキョン。遅いわよ……って」

佐々木「……へーぇ、そういうことかい、キョン」

キョン「どうしてこうなった……」
26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:26:45 ID: RLC7LmH/0
佐々木「キョン、説明してくれるかい?」

キョン「待て、落ち着け、偶数を数えるんだ。1.2.3……」

ハルヒ「あんたが落ち着きなさいよ」

キョン「こ、これはだな……なんというか、そこにいる団長さんがだな」

ハルヒ「あたしのせいなの?」

キョン「あのな、俺は今日佐々木と勉強をする約束をしていたんだ。それなのにお前が突然アポなしで訪問なんてするから」

ハルヒ「へーぇ、それは悪いことしちゃったわね。あたしは邪魔かしら?」

キョン「いや、そういうわけではなくてだな」

ハルヒ「あら、そう?邪魔じゃないなら良かったわ」

キョン「いや、はは……」

佐々木「……キョンの馬鹿」

キョン「……なんだよこれ」
33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:37:31 ID: RLC7LmH/0

佐々木「まあ、……そうだね。すまない。少し感情的になってしまったみたいだ、キョン。
もともとは、僕が予定よりかなり早く来てしまったからこういうことになってしまったんだからね。
僕の約束の前にキョンが何をしようと自由だ。悪かったよ」

キョン「い、いや!謝らないでくれ佐々木!」

佐々木「気にしないでくれ、キョン。僕は君の……その……か、彼女だとか、そういった類のものでもないんだから、
君が女の子と遊んでいようが、僕にとやかくいう権利はない」

キョン「さ、佐々木……」

ハルヒ「あたしもなんか申し訳ないことしたわね……ごめんね、佐々木さん」

佐々木「ううん、気にしないで、涼宮さん」

キョン(あれ……何故か奇跡的にうまいこといってるぞ……)

ハルヒ「あはは」グニ

佐々木「くっくっ」グニ

キョン(と思ったらお互いの足を踏んでやがる!ああ、だから鉢合わせたくなかったんだ!!)
36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:46:42 ID: RLC7LmH/0
ハルヒ「ところで、本当の約束時間は何時だったのかしら?」

キョン「ああ、えーっと、今から3時間後くらいだな」

ハルヒ「あら、そう。それなら……」

キョン「ん?」

ハルヒ「佐々木さん、本当の約束の時間までは、あたしに付き合ってみない?」

佐々木「……何をするつもりなの?」

ハルヒ「……抜き打ち団長テスト、よ」ニヤッ

佐々木「……なるほど、公平に、ね。さすがは涼宮さんね」

ハルヒ「当たり前よ。あたし、あんたが、最大のライバルだと思ってるから」

佐々木「光栄ね、私もよ」

ハルヒ「ふふふ」
佐々木「くっくっくっ」

キョン「……と、とりあえずそろそろ上がった方がいいんじゃないか?玄関で立ち話も悪いとは言わないが……」
42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:51:25 ID: RLC7LmH/0
キョン「さて、と。部屋に戻ったところで、その抜き打ち団長テストとやらは何なんだ?」

ハルヒ「あんたは気にしなくていいのよ。こっちの問題だから。というより、たった今そうなったから」

キョン「……あー、すまん。言っている意味がよく分からんのだが、とにかく普通にしとけばいいのか?」

ハルヒ「そうね、いつも通りのあんたでいなさい!」

キョン「へいへい。なんだかわからんが、楽そうで何よりだ」

佐々木「ところで、あのクローゼットの隙間から見えるたくさんの本はなんだい?キョン」

キョン「なっ!?」

ハルヒ「まさか……」ソローリ

キョン「お、おいよせ!ハルヒぃぃぃ!!!」
50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 00:56:42 ID: RLC7LmH/0
キョン「よせよせ!!これだけはやめろ!ろくなことにならん!!」バッ

ハルヒ「あっ!やっぱり!ほら、そこどきなさいキョン!!」

佐々木「キョン、ここは引いたほうが身のためだ」ユラリ

キョン「やめろ!!嫌だ!!本当に嫌だから!!」

ハルヒ「佐々木さん!」
佐々木「ええ、わかってる」

ハルヒ「せーのっ!」グイッ
佐々木「悪いね、キョン」グイッ

キョン「うわああ!」ドターン

エロ本「見つかったか!?」
61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:03:08 ID: RLC7LmH/0

ハルヒ「な、何よこれ……『きゅーと☆僕っ娘』ですって……?」ワナワナ

佐々木「……『ツンデレ大全~魅惑のポニーテール~』……これはどういうことだい?キョン」

キョン「……終わった」

キョン「ははは、そうだよな……気持ち悪いよな……誰とは言わないが、バレバレだよな」

キョン「僕っ娘とツンデレポニーテールだなんて……だからろくなことにならんと……」

ハルヒ「なんでこんなもの持ってるのよ!」
佐々木「どうしてこんなもの!」

キョン「だから……」

ハルヒ&佐々木「ツンデレ(僕っ娘)だけで十分じゃないの!(じゃないか!)」

キョン「……はい?」
68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:09:30 ID: RLC7LmH/0
キョン「ま、待て待て!!何を言っているんだお前達は!?」

ハルヒ「だから!」

キョン「いやいや違うだろ!!同級生の男がだぞ!?明らかに……ええい、もう知るか!明らかに特定の人物を意識したエロ本をだな!!」

佐々木「別にキョンなら構わないよ僕は」

キョン「何を!?言ってるんだ!?佐々木よ!!」

ハルヒ「あたしも別にいいって言ってるじゃないの」

キョン「おいおい待てお前らおかしいぞ!?絶対だ!!」

キョン「下手したら俺の人生は終わってもいいくらいの事件なんだぞこれは!?」

ハルヒ「ああもう!そんなことより!」
佐々木「どちらか片方を選ぶべきだよ、君は」

キョン「おっしゃっている意味がこれっぽっちもわかりません」
83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:17:41 ID: RLC7LmH/0
佐々木「ほらキョン、窓はそこだよ?ツンデレ大全を手にとって?」

キョン「いやいやいやいや!!」

ハルヒ「あ、チャッカマンあるかしら?あんたほら、燃やさないとでしょ?」

キョン「いやいやいやいやいやいや!!」

ハルヒ「も、燃やさないと5点減点するわよ!?」

キョン「お安い御用だ!!奢りくらいできゅーとな僕っ娘が守れるのなら!!俺は一生かけてでも守り続けてやる!!」

佐々木「キョ、キョン……」キュンッ

ハルヒ「いや、違うわよ告白とかじゃないわよ今の」

キョン「言っておくがツンデレ大全も同様だからな!!俺は絶対にこいつを手離さん!!手に入れた時からそう決めたんだ!!」

ハルヒ「ちょ、キョン!!」カァァ

佐々木「いや、私のが違うならそれも絶対違うわよ」

ハルヒ「なんですって!?」
佐々木「涼宮さんの言葉を返しただけよ?」

キョン(よし、今のうちに愛する2冊を……)
90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:23:27 ID: RLC7LmH/0
ハルヒ「ちょっとあんた!!」

キョン「!?」ビクゥ

佐々木「まさか逃げるつもりじゃないだろうね?」

キョン「いや、はは……そんなまさか……」

ハルヒ「じゃあエロ本2冊持ってどこ行くつもり!?」

キョン「そ、そのだな……ちょっとトイレに」

佐々木「それなら僕っ娘の方だけで十分なはずだよね?」

キョン「だから……俺はこいつらをだな」

ハルヒ「キリがないわね。こうなったらしっかり白黒つけましょう」

佐々木「へぇー、それはおもしろそうね」

キョン「わー……おもしろそうだなー……」
94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:27:27 ID: RLC7LmH/0
ハルヒ「キョン、ちょっとそこに座りなさい。もう叫んだりしないわ」

キョン「な、なんだよ……」

佐々木「ちょっとやり方を変えてみようと
思ってね」

キョン「やり方って……抜き打ちテストのか?」

ハルヒ「そうよ。ほら、座りなさい」

キョン「わ、わかったよ……ただし、エロ本は俺が持っとくぞ?」

佐々木「ああ、とりあえずそれはおいとこう」

キョン「……よし、交渉成立だ。で、なんだ?座らせて何をするつもりだ?」

ハルヒ「キョン、あんた好きなタイプ教えなさい」

キョン「はぁ!?」
97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:31:17 ID: RLC7LmH/0
佐々木「キョンの好きなタイプはあれだよね?一人称が僕で?」

ハルヒ「いやいや」

キョン「……ポニーテールだ」

佐々木「ん?」
ハルヒ「え?」

キョン「俺はポニーテールが好きだ!!」

佐々木「それは僕のことかい?」ピョコンッ

ハルヒ「ふぅー、なんだか髪が邪魔ね」ギュッ

寝るwwwwwwwwwwwwwwwwwww
お前らおやすみwwwwwwwww
101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 01:32:50 ID: sLHctDv30
キョン「『貧乳寡黙美少女X 』と『巨乳ドジッ子ロリ娘』を本棚の奥に入れてて正解だったわw」
117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 02:03:03 ID: sLHctDv30
>>97が逆だったら

ハルヒ「キョンが好きなタイプはあれよね?ポニーテール?」

佐々木「いやいや」

キョン「……僕っ娘だ」

ハルヒ「ん?」
佐々木「え?」

キョン「俺は僕っ娘が好きだ!!」

佐々木「それは僕のことかい?」

ハルヒ「ぼ、僕……」
154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 08:25:47 ID: YSzA4hOq0
キョン「もういい・・・・・・ヤろうぜ」

ハルヒ「・・・・・・うん」
キョン「うわー全然勃起しねー」

ハルヒ「うちもあんたじゃ全然濡れないわ」

キョン「おめまじブスだな。うけんだけど笑 全然勃たてーもんおれ」

ハルヒ「はぁ?インポだからってうちのせいにすんなよ つかチンコ小せぇな なにその野田総理みたいな粗チン 」

キョン「ならとりあえず野田総理咥えろよ 。ファーストレディにしてやるよオラ」

ずぼっ

ハルヒ「んっ…あっ…」
156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 08:44:32 ID: YSzA4hOq0
キョン「あー出した出したw」

ハルヒ「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」

キョン「さっき言った通り妊娠しても責任は取らないんでそこんとこヨロシク(笑)」

ハルヒ「・・・・・・・・・・・・」

キョン「クソッ、いつの間にか佐々木帰っちまったじゃねえかよ」

ハルヒ「・・・・・・」
キョン「いつまで寝てんだよ、さっさと帰れや肉便器」

ハルヒ「・・・・・・分かったわ」
ハルヒ「ねえ、キョン」
157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年01月28日 (土) 08:45:36 ID: YSzA4hOq0
ハルヒ「私と佐々木さん、どっちが好きなの?」
キョン「あ? 長門に決まってんだろ(笑)」

-Fin-

関連記事

no image

キョン「朝比奈さん、行きましょう。時間です」 朝比奈「あんなに強く抱きしめられたのは……初めてでした……」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013年03月16日 (土) 11:37:

記事を読む

no image

ハルヒ「これ、『mikuruファルダ』って書いてあるわね。中身は何なのかしら?」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014年02月15日 (土) 18:00:

記事を読む

no image

ハルヒ「だからね、昨日キョンが大好きって言ってくれてすごく嬉しかったの」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年04月25日 (土) 21:46:

記事を読む

no image

キョン「お前とは、中学3年からの仲だったな」 佐々木「なんだい?その目は?僕の顔に何かついているかい?」

11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年07月27日 (金) 23:16

記事を読む

no image

キョン「ハルヒって…いぢめられてる時、めちゃくちゃ可愛いよな?」 古泉「全面的に同意します、心の友」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013年02月07日 (木) 18:27:

記事を読む

no image

キョン「ヤカンの水を口に入れているだけだ。飲み干せば何の問題もない」 長門(四肢を拘束されている)

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年07月25日 (水) 21:17:

記事を読む

no image

古泉「古泉一樹です。よろしくおねがいします」 長門「無個性。せめて谷口国木田よりキャラ立てしてくるべき」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年05月09日 (土) 23:13:

記事を読む

no image

キョン「馬鹿、初めてのデートでそんなことするか」 佐々木「昔のクリスマスでは遅れただろう?」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年10月03日 (土) 23:52:

記事を読む

no image

キョン「まずは汗を拭き取らないとな」 ハルヒ「え?いや、軟膏を塗るだけでいいから」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年05月11日 (金) 00:09:

記事を読む

no image

佐々木「ごめんね……ボク、さっき古泉君の病室にいたんだ。橘さんの代わりに、お見舞いに来てたんだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年02月18日 (土) 21:19:

記事を読む

    PAGE TOP ↑