服部平次「工藤がコナンになってる今、蘭姉ちゃんを俺のものにするで!」SS

公開日: : 最終更新日:2015/08/31 名探偵コナンSS

1 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 16:55:17.52 ID:qGshrXFY0
コナン「なんだよ?」

服部「明日は楽しみやなぁ…」

コナン「あぁ…明日は旅行か」

服部「楽しくなりそうやなぁ…」

コナン「あぁ…」

この時はまだまさかあんなことになるなんて想像もしていなかった…
5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 16:57:44.40 ID:5NS472wf0
また事件か
8 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 16:58:16.78 ID:qGshrXFY0
群馬

コナン「ふぁあ~!今日僕たちが泊まる旅館はここかぁ」

服部「せやなぁ!」ワクワク

和葉「平次はしゃぎすぎやでぇ!」

蘭「はは…」

平次「ええやないかぁ!!それに俺が楽しみにしてるのはなぁ…」

和葉「?」

平次「この旅館の近くにある山を探検することやぁ!」

みんな「は!?」
12 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:01:39.18 ID:qGshrXFY0
和葉「探検!?それなら一人で行ってこいやぁ!!」

服部「な!?面白ろそうやないか!」

和葉「全然おもろそうやないわ!一人で行ってこい!私と蘭ちゃんとコナン君は…」

コナン「え?」

和葉「一緒に風呂に入ろうなぁ!」

蘭「うん!よかった!混浴のもあって!コナン君一人じゃダメだし」

服部「な、なんやて…!?」

コナン「////」ワクワク
13 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:04:55.59 ID:qGshrXFY0
服部「コ、コナン君はもちろん探検やろぉ?なぁ?なぁ?」

コナン「え?」

服部「おい工藤ォ…まさか男の友情捨てて女と走っていくつもりかぁ?」ボソッ

コナン「…温泉」

服部「え?」

コナン「僕、温泉に入る~!!」

和葉「そうこなくっちゃなぁ!てことで平次!行ってらっしゃい!」

服部「え、ちょ!」

和葉「ほら、みんな行こ行こ!」たったったっ
15 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:08:40.49 ID:qGshrXFY0
服部「ちょ~待ちィ!!」

コナン「?」

和葉「なんやねん…平次は探検ごっごするんやないのかぁ?」

服部「おいそこのぼうず!!いや…エロガキとでも言うのぉ!」

コナン「え///」ギクッ

服部「探検を断った理由は多分、お前らの裸見るためやでぇ!」

コナン「///」

和葉「……はぁ?もうええわ!みんな行くでぇ!」

コナン「はぁ~い!」たったっ

蘭「はは…」
17 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:11:55.59 ID:qGshrXFY0
服部「……待て…」

和葉「なんやねん!?さっきから!!」

服部「…俺も温泉行く……」ボソッ

コナン「…ぷっwww」

蘭「じゃあ、みんなで温泉行こう!」

和葉「聞こえな~い!なんて言うたぁ?」

服部「お、温泉俺も行かせてください。みなさん…」

和葉「よろしい!(へ、平次www)」

コナン「(まだ子供だな…)」
18 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:16:21.47 ID:qGshrXFY0
温泉 男子更衣室

コナン「……ったく…結局あいつ落ち込んで部屋で待ってるのかよ…」

コナン(ま、あいつのぶんも入ってくるか!)ガラガラ

蘭「あ、コナンく~ん!」

コナン「あぁ///蘭姉ちゃん//あれ和葉姉ちゃんは?」

蘭「あっちよ!今は入ったところみたい」

和葉「お~い!二人ともぉ!」

コナン「////」

和葉「ここ、すべりやすいから気をつけるんやでぇ」

コナン「わっ!」つるっ

和葉「あ、危ない!」ぎゅっ

コナン「/////!?」
20 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:19:10.37 ID:qGshrXFY0
和葉「まったく…気をつけるんやで!コナン君」ニコッ

コナン「う、うん…」

蘭「はぁ~気持ちいい~♪」

コナン「本当だね!」

和葉「あったかいなぁ!」

蘭「うん!」

コナン(へへ…天国//)
部屋

平次「・・・・・・・・」ボ~

平次(なんやねん工藤の奴!少しぐらいは心配しろや!…)
23 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:23:21.01 ID:qGshrXFY0
平次「はぁ…やることないのぉ…」

(そうや!少しぐらい心配させたるわ!探検は一人でこっそりいったる!)

平次「ははwwこれでしばらく歩いて行ってけばwwww」
24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 17:25:46.72 ID:N0srC+uL0
へwいwじw
26 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:27:46.88 ID:qGshrXFY0
三十分後

服部「わ~ここはどこやぁ~?お、アスレチックや!遊んだるでぇwww」

服部「まずは丸太やなぁあああ!おらぁ!おらぁwwwww」

服部「楽しいなぁあああああああああああああああああああwwwwwww」

一時間後

服部「ふへへwwここはどこやねんwww迷ったでおまんがなwwwwほ~い!ほ~いww」

二時間後

服部「ああいいううお~あっあっあっ」
27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 17:29:17.04 ID:WNwvXPqU0
え?
28 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:31:28.17 ID:qGshrXFY0
さる「うきーーーーーー!!」

服部「おおっあああ!き~!きーーーーー!」

さる「きっきっ」ぱちぱち

服部「きーーーー!きっきっ(ほめてくれでありがとな!)」

さる「きっきっ(いいえいいえ!それより友達になりませんか)」

服部「ききーーーーー!!(ええで!)」

さる「きっきっ(よろしくな!)」

服部「きっ(おう!)」
部屋

コナン「あ、あれ?もう8時なのにまだ平次兄ちゃん帰ってきてない」

蘭「どうしたのかな…?」

和葉「平次…」
29 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:35:23.17 ID:qGshrXFY0
コナン「もしかして探検しに!」

蘭「そうね!行ってみましょう山に!」

和葉「せやな!!」

さる「ききーーーーー!(木から木に飛び降りるの。できる?)」

服部「きっきっ(なめんなやwwいくでぇ!)」

さる「きっ(頑張れ!)」

服部「ききききききーーーー!!(おるああああああああああ)」

服部「きっ(とっ!飛べたで!)」
30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 17:35:40.27 ID:B4U3HAQM0
服部…
32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 17:37:56.62 ID:WNwvXPqU0
どう収束するんだこれww
33 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:38:00.55 ID:qGshrXFY0
さる「きっきききき(おめでとう!じゃあ、たくさん飛びまわろう)」

服部「きききき(ええで!)」

蘭「服部く~ん!」

コナン「平次にいちゃ~ん!!」

和葉「平次ィーーーーー!!」

服部「きっきっ(なんやねん。騒がしいのォ)」

さる「きっきっ(イタズラしていこ)」

服部「き(ええで)」
36 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:42:47.15 ID:qGshrXFY0
コナン(服部…どこいったんだよ…?服部ィ…)

和葉「平次ィ…」うるっ

蘭「服部君……」

ききーーーーーききーーーーー!!
コナン「な、今のは!」

蘭「さる!」

コナン「しかも一匹じゃないにひき!一匹は小柄だが多分もう一匹はかなり巨大…」

和葉「な、なんやて!?」

さる「ききききーーーーー!(でてけぇえええ!)

蘭・和葉「きゃあああああああああ!!」

コナン「く、くそ!って…あ、あれは…!」

その時、俺の目の前には信じられない光景が広がっていた…

なんと、服部が木から『きーきー』奇声あげながら俺たちを襲ってきたのだ

和葉「平次ぃ!?」
37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/24(水) 17:46:58.53 ID:N0srC+uL0
なにしてるんすか…….
38 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:47:05.40 ID:qGshrXFY0
服部「ききー!きーーー!(どっかいけやぁ!)」

蘭「服部君!?」

コナン「ど、どうしちまったんだ!?」

和葉「へ、平次?はは…冗談やめてぇなぁ…」

服部「ききききーーー!(うっせぇ!)」

さる「ききき(そろそろ行くぞ)」

服部「きっ(おう)」

和葉「平次ぃ!!!!」ぎゅっ

服部「きっ(!?)」

和葉「どうなってしもたん?いつもの平次やないでぇ…平次ぃ…う、うわあああああん!」

服部「っきいききーー(泣くなや)」
39 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:51:40.52 ID:qGshrXFY0
さる「きききっ(いくぞ)」

服部「き…(あぁ…)」

服部「ききききーーーー!!」バッ

和葉「へ、平次ぃ!?」

コナン「き、木と木の間を楽々と飛んでやがる…ま、まるで…」

蘭「さるみたいに…」

和葉「へ、平次ぃ…ぃぃぃぃぃぃい…うあああああああああああああああああ!!」
服部「きっ!?(あれ…俺…)」

さる「ききききき(まさかあの人間にほれたんじゃねぇよな?)」

服部「ききき(人間…そうや…そうやああああ!!)」

さる「ききき(ま、まさかお前人間…)」

服部「きききき(ちゃうちゃうwwwあいつら一体なんやったのか忘れてしもて…)」
42 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 17:56:24.40 ID:qGshrXFY0
コナン「服部…一体…どうしちまって…」うるっ

蘭「と、とりあえず追いかけよう!」だだだだっ

和葉「うん!」だだだ

コナン「…」だだだ
服部「ききき(まだおってくるでぇ…)」

さる「!?」

服部「き?(どしたん?)」

さる「ききき(俺たちの仲間だ)」

服部「きぃ?きっききーー!(え?あ、おお~い!)

人間A「ききき~(新入りだぁああ)」

人間B「きききき~!(みんなで仲良くなろうなぁ!)
コナン「あ、あれは…!?」

蘭「なんで人間がサルと話してるのよぉ!?」
46 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:01:48.12 ID:qGshrXFY0
コナン「ど、どういうことだ!?」

和葉「あ、アカン!平次の奴仲間になろうとしてるでぇ」

蘭「そ、そんな…」

服部「ききききーー(にしてもあいつらしつこいなぁ)」

コナン「は、服部…」

服部「ききききき(一番賢そうなあのちび傷つけたるでぇ!おるああああ)」だだだ

コナン「!?」

蘭「あ!」

和葉「危ない!!」

コナン「は、はっと…り…」うる…じわっ

服部「!?」

コナン「服部…」ぐすん

服部「き…(俺は何か道を間違ってしもたんかぁ…?)」
47 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:05:42.72 ID:qGshrXFY0
コナン「…グスッ」

服部「きききぃ…(泣いてんのか?俺の為に…心配してんのか…?)」

コナン「……」

さる「ききききーーーー(まどわされるな!嘘泣きだぁ!)」

人間A「きき(そうだそうだ!)」

人間B「ききききーー!(嘘泣きだぁ!)」

服部「き…(でも…)」

コナン「……」

服部「!?」

そうや俺…なにしてんのやろ…
48 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:09:04.55 ID:qGshrXFY0
服部「…どう…工藤…」

コナン「は、服部?」

服部「くどっぼ、ぼうず…!」

蘭「もとに!もどったのね!?」

和葉「よ、よかったぁああ~!!」

服部「何してたんや俺…」

コナン「お、思い出さない方がいいよ…」

服部「せやな!じゃあ、そろそろ帰るか…」

さる「きききききーーーーー」だだだだだ

服部「なんか知らんけど握手しようや…」

コナン「あぁ…」

ぎっ…

どかぁあああああああああああああん
50 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:12:27.84 ID:qGshrXFY0
服部「!?」

コナン「うああ!」バタッ

服部「ぼ、ぼうず!?何するんやこのさる!しばくぞ!?」

さる「ききききーーーー!!」

蘭「と、とにかく逃げよう!」だだだだっ

服部「おぅ!」だだだっ

さる「きききーーーー!!」

和葉「きっきゃあああああああ!!」

蘭「あ、和葉ちゃん!!」たったったっ

さる「きききーーー」だだだ

和葉「きゃっ」

蘭「おるぁあああああああああああああ!」ばしっばきぼき!

さる「きっ!」バタンッ
51 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:15:09.88 ID:qGshrXFY0
和葉「ら、蘭ちゃん!」

蘭「みんなは先逃げてて!あとは任せて!」

服部「おぅ!」だだだっ

和葉「蘭ちゃんでも…!」

蘭「私は大丈夫だから!」

コナン「じゃあ僕が残ってるよ!だから和葉ねえちゃんは平次兄ちゃんと!」

和葉「わ、わかったでぇ!」だだだっ

蘭「さぁ…かかってきなさい…」

コナン(わっ蘭のオーラがいつもより怖い…これは修羅場になりそうだ…)
53 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:19:01.86 ID:qGshrXFY0
さる「きききききーーーーーー!!」だだだだだだだだっ

蘭「ぁああああああああああああああ!」ばしっバン!ドカァン!

コナン「!?(宙返りしてさるを蹴っただとぉ!?)」

さる「ききききーーーー!」

人間A・B「きききききーーーーーーーーーー!」

蘭「…いいわ…まとめて片づけてあげる…」ニヤっ

コナン「…怖ッ…」

蘭「ぁあああああああああああああ!!!!!!」
ばきぼきドカァンバァンガンドンッドスッドスッ

コナン「…(´・д・)」

俺は今にも心臓が止まりそうになった

54 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:22:30.06 ID:qGshrXFY0
さる「ききききーーー(よくもぉおおおお!)」

蘭「……」ドスッ

さる「うはぁ!」バタンッ

蘭「ふぅ~弱いわね…さるって意外と」

その瞬間俺はめまいとともに意識を失った
次の日

コナン「…ん…こ、ここは…」

蘭「あ、よかったぁ~コナン君、心配したのよぉ!?」

コナン「あれ僕…」

蘭「あのあとコナン君見たら倒れてたんだもの…」
55 :以下、名無しにかわりましてvipがお送りします 2013/04/24(水) 18:24:31.11 ID:qGshrXFY0
コナン「え…」

服部「多分、何か相当ショックなことがあったんやなぁ…」

蘭「ええ…」

コナン「………」
エンド

関連記事

no image

江戸川コナン「元太のウナギをドジョウにすり替えたら、怒り狂ったw」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:50:04.

記事を読む

no image

江戸川コナン「高木刑事を煽って、目暮警部を銃撃させてみたw大変なことになったw」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/15(水) 11:45:11.

記事を読む

no image

江戸川コナン「小学生の俺が園子に告白したら、オーケーされて財閥を継ぐことになった」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/15(土) 21:25:58.

記事を読む

no image

江戸川コナン「FBIが本気を出せば、黒ずくめの組織の壊滅なんて余裕だろw」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/01(金) 09:03:39.

記事を読む

no image

阿笠博士「おや、光彦君がシュレッダーに挟まってるので、そのまま電源を入れるかのw」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 14:53:31.2

記事を読む

no image

ウォッカ「ジンの兄貴には言えねえ。灰原哀が俺の彼女だということを」【コナンSS】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/24(火) 07:58:54.

記事を読む

no image

円谷光彦「阿笠博士、どうしたら僕をこの地下牢から出してくれますか・・・?」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 22:09:23.

記事を読む

no image

江戸川コナン「なあ灰原、一緒に風呂に入ろうぜ」灰原哀「頭おかしいんじゃないの?」SS

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/04(木) 15:40:18.0

記事を読む

no image

阿笠博士「五億年スイッチは押したら百万円が出てくる夢のスイッチじゃよ」コナン「五億年も?気が狂うじゃねえか」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/29(金) 05:52:54.9

記事を読む

no image

江戸川コナン「黒ずくめを見た時の灰原の恐怖の顔が、たまらねえんだ・・・!」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/09(木) 21:19:41.8

記事を読む

    PAGE TOP ↑