江戸川コナン「少年探偵団には歩美ちゃんと灰原だけいればいいよ。男が俺以外いらねえ」SS

公開日: : 名探偵コナンSS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:35:28.67 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「池沼のくせに俺たちの仲間ヅラしてんじゃねーよ」

歩美「元太君って『うなっ』しか言わないよね。キモッ」

灰原「鰻のくせに人間の格好しないでよね」

元太「うな?」

光彦「理解できてないようですねぇ?このバカは」
3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:36:15.11 ID:l3zVAQJA0.net
光彦「要するに元太君は僕らに近づくなってことなんですよ!!!!」ドゴォッ

元太「うなぁっ!?」ズデーン

歩美「あっはっは、だっさぁ~い♪」

コナン「珍しく光彦と意見が一致するとはな」

灰原「消えて」

元太「う・・・な・・・」ヨロヨロ
6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:37:20.77 ID:l3zVAQJA0.net
歩美「あいつまだ立ってくるよ」

光彦「ほっときましょう。あんな池沼と関わるだけ無駄です」

灰原「同感ね」

コナン「それよりさっさと学校行こうぜ。やることがあるし」

元太「うなうな・・・」トボトボ
7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:37:45.63 ID:l3zVAQJA0.net
学校

元太「うなぁ!」ガラガラ

クラスメイトA「うるせえぞ池沼!」

クラスメイトB「朝から不快な鳴き声響かすんじゃねぇクソデブ!!」

元太「うな・・・」シュン

元太「うな?」キョロキョロ

教室に入った元太は目を疑った。

自分の席があるべき場所に机はなく、巨大な水槽が置かれていたのだ!
10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:38:26.40 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「池沼鰻野郎に机なんか必要ねーだろ?」

灰原「私が阿笠博士に頼んで作ってもらった水槽よ」

元太「う、うな・・・」

光彦「さっさと入りましょうよ元太くぅん!」ドガッ

元太「!?」ドバッシャァーン

歩美「あっはっは、きったなぁ~い♪」

クラスメイトC「うわっ、水がかかったじゃねぇか池沼!」バキッ

クラスメイトD「死ねよクソデブ!」ドゴッ

元太「うな・・・」
12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:39:03.52 ID:l3zVAQJA0.net
授業-

小林先生「では、3+2の答えはいくつでしょうか?」

クラス「はいはいはーい!」

元太「うなっ!」

小林先生「はい、じゃあ小嶋君」

元太「うな重!」

元太は指で「1」を示して見せた。

コナン「・・・・・・プッ」

クラス「ドワッハハハハハハハハハハwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

元太「!?」
14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:39:33.59 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「おま、元太wwwwwwwなんで3に2を足して3より小さくなんだよwwwwwww」

光彦「この程度の問題も解けないなんて・・・笑えますねwwwwwwwwwwww」

灰原「さっさと特殊学級に行きなさいよ」

歩美「ウケるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

元太「うな!?うな!?」

小林先生「小嶋君、ふざけてるなら廊下に立ってなさい。あと喋りなさい」

元太「うな・・・」
15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:40:10.55 ID:l3zVAQJA0.net
体育-

元太「うなっうなっうなっうなっうなっうなっうなっうなっ」

体育教師「小嶋、50m走のタイム20秒・・・ふざけてるのか?」

コナン「おっせえwwwwwwwwwwwwwwwwww」

歩美「どっすんどっすんうるさいんだけど」

光彦「運動会は元太君とだけは組みたくないですねwwwwwwwwwwwwwww」

体育教師「やり直せ」

元太「うな・・・」
17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:40:50.44 ID:l3zVAQJA0.net
給食-

元太「うなあああああっ!」ガバガバガバッ

歩美「ちょ、元太君取り過ぎだよ!」

元太「うなあああああっ!」ガツガツガツガツッ

クラスメイトE「うわあ!全部食べやがった!」

クラスメイトF「私の給食返してよ!」

ドガッボゴッバギッグシャッ

元太「うなうなうなうなうなうなうなうなぁああああああああっ」
18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:41:30.42 ID:l3zVAQJA0.net
放課後-

元太「うな・・・」トボトボ

元太は思った。

何故自分は他人と違うのだろう、何故自分は蔑まれいたぶられなければならないのだろう。

ほんの少し、他人と比べて頭が弱いだけではないか。

やがてそれらの葛藤は元太の中で激しい憎悪となって生まれ変わる・・・

元太「うなぁ・・・」ギラリ

その憎しみという名の感情は、元太を、人間を超越せしものへと生まれ変わらせた
20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:42:30.37 ID:l3zVAQJA0.net
ある日-

コナン「おっすおまえら!」

歩美「おはようコナン君!」

光彦「おはようございます!」

灰原「おはよう」

元太「・・・」ユラリ

コナン「あん?まだ生きてやがったのかこの池沼は」

灰原「・・・なんだか様子が変じゃない?」

光彦「まーた懲りずに僕らの仲間になろうと近づいてきたんですかぁ?」
22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:43:24.89 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「待て光彦、どうも様子がおかしい」

光彦「何言ってるんですか?こんな下等生物にビビることなんてありませんよwwwww」

元太「うなぁ・・・」フシュー

光彦「いつものように蹴っ飛ばしてあげますよぉっ!」ヒュッ

元太「・・・」フッ

コナン「!?」

スパァンッ

光彦「」

灰原「・・・え?」

歩美「いっ・・・いやああああああああああああああああああああああああっ!!!」
23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:43:39.16 ID:L2KobQY/0.net
光彦最低だな
24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:44:07.49 ID:KCWmM3sW0.net
これだから光彦は…
26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:44:11.28 ID:/GIVnzG00.net
光彦真っ先に…
27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:44:41.44 ID:1hn1zV1V0.net
これは光彦が悪い
28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:45:00.08 ID:l3zVAQJA0.net
元太「うなぁ・・・」フシュー

コナン「な、なんだ・・・?今一瞬、元太が消えたと思ったら・・・」

コナン「次の瞬間、光彦の首が吹っ飛んでいた・・・!!」

灰原「まさか、小嶋君がやったというの!?」

元太「うなっ」キュィンッ

コナン「!?」

ドゴォオオオオオオオッ

コナン「何!?ブロック塀を破壊した元太の姿が!?」
29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:45:37.10 ID:l3zVAQJA0.net
歩美「なっ・・・なんなのよこの池沼ァアッ!」

灰原「・・・走行中の新幹線に接触した人間は、その瞬間身体が霧散するといわれている」

灰原「それ程の高速で動けるようになったというの!?」

コナン「・・・だが見た感じ、直進しか出来ないようだぜ。コントロールも不完全だ」

元太「うな・・・」パラパラ

コナン「なら対策はあるぜ!キック力増強シュゥウウウウウズッ」キュィイイイイン

元太「うなっ」キュィンッ

コナン「バァアアアアアアアロォオオオオオオオオオオオオッ」ドグチャァアアアアアッ
30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:46:15.70 ID:l3zVAQJA0.net
元太「」ボドボドボドボドッ

コナン「超高速で突進してくるってんなら、来る場所で待ち構えてりゃいい」

コナン「そこをキック力増強シューズで蹴り飛ばせば、あっという間に粉みじんってやつだぜ」

灰原「・・・終わった、の?」

コナン「さぁな・・・現時点でこちらの被害が光彦のみだってのが救いか」

歩美「は、早く逃げようよ!なんだか気味が悪・・・」ビクンッ

歩美「・・・え?」ドクン

コナン「!?」
31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:46:33.12 ID:CVyuKad0M.net
コナンのこの解説力
32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:46:52.14 ID:l3zVAQJA0.net
歩美「な、何・・・身体が・・・」ドクンドクン

コナン「歩美、どうした!?」

灰原「工藤君、離れて!」

コナン「!?」

メギィッ

歩美「ぅあ゙っ!?」

ミギミギミギミギィッ

灰原「こ、これは!?」

コナン「歩美の腹がどんどん膨れ上がっているだと!?」
34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:47:44.50 ID:l3zVAQJA0.net
歩美「あぎぃぃっ、お腹、苦しッ・・・ぁあ゙っ!?」ビギィッ

灰原「一体何が!?」

コナン「まさか・・・元太の野郎、粉々になった細胞の一部を、歩美に寄生させやがったな!!」

歩美「コナ・・・く・・・助け・・・」

灰原「吉田さんの身体が干からびていく・・・!?」

コナン「養分を吸い取ってやがるんだ・・・!来るぞ!!」

???「うなぁっ!」バリィッ

歩美のエネルギーを全て吸い取り、膣を破って出て来たのは、生まれ変わった元太だった

元太「うなぁ・・・」ニタリ
35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:48:11.08 ID:FwJkZdFj0.net
なんかバトル漫画になってきてワロタ
36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:48:23.67 ID:A7yN/i/0a.net
何ものだよこの生命体
37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:48:25.31 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「ば、化け物め・・・」

元太「うなぁ」チラリ

灰原「えっ・・・」

元太「」キュィンッ

ガシィッ

灰原「!?」

コナン「灰原!?」

元太「うなぁっ!」ビリビリビリィッ

灰原「いっ、いやぁあああああああああああああっ!!」
39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:49:14.69 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「元太の野郎、灰原の服を引きちぎって何する気だ!?」

元太「うなぁ・・・」ジュルリ

灰原「ま、まさか・・・」ガクガク

元太「うなっ」ギラリ

元太が取り出したのは、全長1mはあろう巨大なペニスだった。

灰原「やめて!それだけはいやぁあっ!!」

元太「うなぁあっ!!」ズブリ

灰原「ッッッ!?!?!?!?!?」

コナン「灰原ァアアアアアアアアアアアアアアアアアアッ!!!!!」
41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:49:53.22 ID:l3zVAQJA0.net
灰原「あ・・・あ・・・嘘・・・」ガクガク

コナン「くそっ、元太の野郎ッ!!」ガクン

コナン「!?さっき元太を蹴り潰した足がッ・・・イカれてやがる!」ズギン

元太「うなぁ・・・」ブルルッ

灰原「えっ・・・まさか・・・」

元太「うぅうううううなああああああああっ」ドプドプドプドプドプドプドプドプドプッ

灰原「いやああああああああああああああああああああああああっ!!!」
43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:50:33.13 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「灰原ッ!!!」

灰原「いやああああっ!!鰻野郎の精子が中にッ!!中にたくさん出てるううううっ!!」

元太「うなうなうなうなうなうなうなうなぁああああああああっ」ドプドプドプドプドプドプドプドプドプッ

灰原「おっ・・・ぉお゙っ!?」ビグンッ

元太「」ドプドプドプドプドプドプドプドプドプッ

コナン「なっ・・・灰原の腹もどんどん膨らんでいく!?」

灰原「ぁあ゙っ!?ごれ゙以上はぁ゙ッ!!だめ゙ッ・・・」

元太「うなあああああっ!」ドプドプドプドプドプドプドプドプドプッ

灰原「ぇぁあ゙っ!?!?!?」

バァアアアアアアアアアンッ

コナン「・・・灰原の子宮が・・・破裂しやがった・・・」
46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:51:21.21 ID:l3zVAQJA0.net
灰原「」ビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャ

元太「うなぁ・・・」ドプドプドプドプドプドプドプドプドプッ

コナン「バカな・・・一体どれだけ精力持ってんだよ・・・」

元太「うな」ギロリ

コナン「くっ・・・」

コナン「・・・げ、元太・・・その・・・悪かった!今まで、虐めて・・・」

元太「・・・」ノシッノシッノシッ

コナン「・・・ゆ、許してくれねえかも知れねえけど・・・謝る!この通りだ!」ドゲザッ

元太「・・・」ノシノシノシ
47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:52:08.47 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「オレが悪かった!なんでもいう事を聞くぜ!だから・・・た、助けてくれ!」

元太「うな?」ピタリ

コナン「・・・っ」

元太「うなぁ・・・」ニコォ

コナン「げ、元太!」
元太「うなぁあ゙あ゙あ゙」カパァァアア

コナン「え」

バグゥウウウッ
49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:52:48.10 ID:l3zVAQJA0.net
バリッボギッグチャッムシャムシャッ

コナン「」

元太「うなぁ」ボリボリボリ

光彦「」

歩美「」

灰原「」

元太「・・・うな」ペロリ

???「そこまでじゃ、元太君」

元太「!?」
50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:53:30.53 ID:l3zVAQJA0.net
博士「やれやれ、恐れていたことが起きてしまったようじゃ」

元太「・・・」

博士「元太君を本当に池沼にしたらどうなるか・・・その実験の結果がこのような悲惨な現実を生んでしまうとはの」

博士「かくなる上はワシが責任を持って、君を止めねばならんようじゃ」

元太「うなぁ・・・」ユラリ

博士「・・・勝てんと思うか?」

元太「うなっ!」ダッ

博士「このワシが・・・」

博士「君ごときに・・・のう?」ポチッ
ボンッ
51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:54:23.79 ID:l3zVAQJA0.net
元太「!?」

ビチャビチャビチャビチャビチャビチャビチャ

博士「まずは足を奪った・・・やっかいな突進攻撃が出来んようにな・・・」

元太「う・・・な・・・」

博士「何が起こったのかわからん・・・というような顔じゃな?」

博士「・・・そろそろ種明かしをするかのう」
博士「みんな、出てきなさい」

コナン「バーロー」

歩美「元太君・・・」

灰原「小嶋君・・・」

元太「!?」
52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:54:49.01 ID:PWgVvxYS0.net
光彦は?
53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:55:02.04 ID:/GIVnzG00.net
光彦…
55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:55:15.42 ID:l3zVAQJA0.net
博士「驚いておるな」

博士「自分がたった今殺したはずの人間が、何故目の前で生きておるのか」

博士「答えは簡単じゃ」

博士「君が今殺したのは新一たちであって新一たちではないのじゃ」

元太「!?」

コナン「元太、さっきまでおめーが俺たちだと思い込んでいたのはよぉ・・・」

コナン「量産した光彦を変身させたものだったのさ」

元太「!?」
56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:55:16.22 ID:A7yN/i/0a.net
光彦wwwwww
58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:56:03.26 ID:hedln+Gs0.net
クローンだったか
62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:57:03.98 ID:l3zVAQJA0.net
博士「何が起こるかわからん実験に、流石に哀君たち自身を使うのは気が引けての」

博士「光彦君を拉致して、そのDNAから分身を作って皆に成りすまさせておいたのじゃ」

歩美「あ、ちなみに最初に吹き飛ばされた光彦君は本物だよ」

灰原「さりげなく鬼畜ね」

元太「う・・・な・・・」ピクピク

博士「そしてワシが今手に持っているこのボタンは、『光彦君を細胞レベルで粉々に爆破するスイッチ』じゃ」

博士「君は今、新一になった光彦君を食った。つまり全身に光彦君の細胞が行き渡っている状態なのじゃ」

博士「その状態で光彦君を爆破すれば、君は細胞ごと破壊され、他人に寄生して復活する君の特殊能力も使えんというわけじゃよ」

元太「!?」
65 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:57:54.14 ID:l3zVAQJA0.net
博士「さて、お喋りが過ぎたようじゃ。これまでにしよう」

元太「う・・・な・・・うなぁああああああああああっ!!」ダンッ

コナン「何!?足がない状態であそこまで跳躍を!?」

博士「無駄じゃよ」スッ

元太「うなあああがぁああああああああああああああああああっ!!!!!」
博士「さらばじゃ、小嶋元太」ポチッ
元太「ああああああああがあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!!!!!!!!」ザァアアアアアアアアアッ
細胞レベルで粉々に爆破された元太は

文字通り霧のようになり、米花町の空へと消えていった。
66 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:58:28.71 ID:DpLaMgEZ0.net
ひでえww
67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 21:58:42.61 ID:l3zVAQJA0.net
コナン「・・・終わったな」

灰原「そうね」

博士「皆もすまんのう」

歩美「いいよ、光彦君が無様に死ぬ様子も見れたし♪」

博士「それでは、量産して余った光彦君を虐殺して皆で遊ぶかの?」

3人「さんせー!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
―完―
68 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:00:10.99 ID:wUg8At680.net
酷い話だ
70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:00:14.63 ID:YCDffhsX0.net
最後ホラー映画かよ
71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/06(火) 22:01:34.25 ID:CVyuKad0M.net
良い勢いだった

関連記事

no image

【コナンSS】阿笠「ワシがいなくなれば、間違いなく光彦君は、普通の少年として生きられるはずじゃよ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:34:21.

記事を読む

no image

ウォッカ「ジンの兄貴の上司になっちまったので、今までこき使ってくれた腹いせをするw」SS

1 : ◆rzOq/SCuAA 2015/04/01(水) 23:18:40.15 ID:FUZCK

記事を読む

no image

江戸川コナン「目暮警部って小学生にも、50メートル走負けそうだよな」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 18:03:58.

記事を読む

no image

江戸川コナン「服部が行方不明!?黒ずくめの連中にやられたのか?」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/23(木) 23:54:29.

記事を読む

no image

江戸川コナン「光彦と体が入れ替わっちまった。。最低最悪の罰ゲームだな」SS

1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 16:2

記事を読む

no image

阿笠博士「五億年スイッチは押したら百万円が出てくる夢のスイッチじゃよ」コナン「五億年も?気が狂うじゃねえか」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/05/29(金) 05:52:54.9

記事を読む

no image

江戸川コナン「光彦!早く歩美ちゃんに腹パンして、大泣きさせるんだ!」SS

1 : ◆1WG3.WQqfk 2013/08/03(土) 11:26:54.90 ID:Nwl4m

記事を読む

no image

世良真純「ねえコナンくん、僕と付き合ってよ。女子高生じゃ駄目かなあ?」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/25(土) 18:00:47.1

記事を読む

no image

江戸川コナン「高木刑事をはやし立てて、目暮警部に銃撃させてみたw」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/17(金) 20:24:58.8

記事を読む

no image

阿笠博士「おや、光彦君がシュレッダーに挟まってるので、そのまま電源を入れるかのw」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/07/15(水) 14:53:31.2

記事を読む

    PAGE TOP ↑