吉田歩美「元太君ってウナギ好きでキモいし、少年探偵団やめなよ!」SS

公開日: : 最終更新日:2015/10/05 名探偵コナンSS

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:10:43 ID:.5i0PM52
キーンコーン
カーンコーン

元太「ふわぁ~。やっと今日の授業も終わったぜ」

光彦「今日は灰原さんとコナン君がいなくて、少し退屈でしたね」

歩美「2人とも、どうしたんだろうね?」

光彦「灰原さんは風邪みたいですよ。盗聴器に咳き込む声……おっと」

元太「アイツ体弱いよな~。もっと鰻を食べないと俺みたいになれないぞ」

光彦「元太くんみたいな灰原さん……おぇ」
2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:11:30 ID:.5i0PM52
歩美「もう! ちょっとは心配してあげなよ……。それでコナン君の方は?」

元太「あぁ、コナンには昨日 連絡網で『今日は学校休みだぞ』って伝えといた」

光彦「えっ?」

歩美「何の為に??」

元太「ん~。何となくだな」

歩美「そうなんだ」

元太「おう」
歩美「……」

元太「……」
3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:23:26 ID:.5i0PM52
光彦「でも、あれですね。案外コナン君も馬鹿ですね。もっとこう、得意の推理で嘘を見破って欲しかったです」

元太「今日で4回目だしな」

光彦「えぇ」

元太「明日、どんな顔して学校に来るんだろうな?」

光彦「さぁ?」
4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:25:14 ID:.5i0PM52
歩美「もう……止めてあげなよ」

元太「俺もまさか、まだ騙せるとは思って無くてよ……」

歩美「元太くんがそういう事するから、台風で休校のはずの時に出席して 風邪ひいちゃったりするんだよ」

元太「あの時はマジで悪かったと思ってるよ。でもよ……」

コナン『バーロー。もうその手はくわねぇよ』

元太「コナンのヤツ、何だかワケの分からねぇ根拠を話し始めて、俺もちょっと納得しちまったんだよ」

光彦「でも元太くん、普通に家で休んでましたよね」

元太「当たり前だろ?! 警報出てんだから!!」

光彦「ですね」

歩美「うん」
5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:31:06 ID:.5i0PM52
元太「ま、今日は久し振りに3人で帰ろうぜ!」

歩美「ごめん。今日はちょっと用事が……あっ」ハラッ

光彦「ん? 何か落としましたよ」ヒョイ

元太「うひゃあ! 札のお金じゃねぇか!」

歩美「しっ! 声が大きいよ」
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:31:40 ID:.5i0PM52
先生「どうかしたの?」

元太「何でもないでーす」

先生「寄り道しないで真っ直ぐ帰りなさいね」

歩美「はーい」
7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:32:42 ID:.5i0PM52

歩美「もう! 元太くん!! 学校に持って来てるのがバレたら困るでしょ!」

元太「そうだな悪かったよ。よし、この金で鰻重でも食べに行こうぜ!」

光彦「ちょっと元太くん、これは歩美ちゃんのお金ですよ」

歩美「そうだよ! これは床屋さんに行く為のお金なんだからね!」

元太「そんなキツく言わなくてもよ……。それに髪の毛ぐらい俺が切ってやるじゃんか」

歩美「嫌だよ! 歩美、光彦くんみたいになりたくないもん!」

光彦「……」
8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:50:07 ID:.5i0PM52
元太「……そうだったな。悪ぃ」

歩美「あんな事があったばかりなのに、よく名乗りを上げられたね」

光彦「僕もまさか髪の毛以外も切られるなんて思って無かったですよ。えぇ……」ハハ

元太「だってよぉ~。お前、切ってる時に横からうるせぇんだもん。そりゃあハサミも滑るぜ」

光彦「それ抜きにしても酷いですよ。自信満々だったから任せたのに、いきなり10円ハゲが3つも完成してましたからね」

元太「床屋のオッチャンが切ってるの横で見てたら出来ると思ったんだけどなぁ……」

歩美「元太くんには才能が無かったんだよ」

元太「まさか小1にして挫折を味わうとは思わなかったぜ」

光彦「早目に気付けて良かったですね」

元太「そうだな。床屋なんて糞だ。目指さなくて良かったぜ。お前も耳を傷めたかいがあったな」

光彦「……まぁ、そうですね」
9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:51:43 ID:.5i0PM52
光彦「というわけで僕は元太くんに切れ目を入れられた耳の治療に病院へ行ってきますね」

歩美「うん。また明日ねー」

元太「じゃあ俺も今日は1人で帰るか」

歩美「えっ? 床屋さん一緒に来てくれないの?」

元太「ん? 何でだよ。俺の髪は伸びてねーし、金もねーぞ」

歩美「そうだけど……」
10 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/15(日) 23:52:20 ID:.5i0PM52
元太「さっきまで一人で行く気だったじゃねーか。金も隠してたし」

歩美「もう隠す意味が無くなったから良いかなーって。それに一人だと寂しいじゃない」

元太「俺が行っても待ってるだけなんだろ? 嫌だぞそんなの」

歩美「ちょっと良いことを思いついたんだってば、絶対に損はさせないよ?」

元太「でもよぉ、早く帰らねーと仮面ヤイバー始まるし」

歩美「上手くいけば鰻重は無理でも、お菓子ぐらいなら奢って上げられるから!」

元太「仕方ねぇな~。ヤイバーは録画してるので我慢するか」
12 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 01:27:02 ID:et1pNLaM
元太「なぁ……床屋って、こんなとこにあんのか?」

歩美「いつもは大きな通りのオシャレな所だよ」

元太「でも、ここは何だか薄暗くて不気味だぞ」

歩美「ここにね、聾唖者の人がやってる床屋があるらしいの」

元太「ろうあ?」

歩美「耳が聞こえない人だよ」

元太「うぇ? 何でそんな所に行くんだ?」

歩美「いつもの所より凄く安いの。浮いたお金でお菓子パーティー出来るよ」

元太「でもよ、聴こえないのにちゃんと切って貰えんのかよ?」

歩美「元太くんよりは上手だよきっと。それにカタログや絵で説明出来ると思うし」
13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 01:41:51 ID:et1pNLaM
歩美「あ、ここだよ」

カランコロン

歩美「こ、こんにちわ~」ソロ~

店主「zzzzzz」

元太「おっ……おっちゃん寝てんじゃん」

歩美「ど、どうしよう、起こすのも悪いよね」

元太「知らねーよ。俺には関係ないからな。漫画でも読んで待ってるぜ」パラパラ

歩美「えー。そんなの酷いよ。うぅ」

店主「zzzzzz」
14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 01:57:42 ID:et1pNLaM
元太「うわああああああああ!!!」

歩美「どうしたの元太くん!」

店主「zzzzzzz」

元太「この姉ちゃん、チンチン食べてる!!」

歩美「えっ?!」

元太「ほら、この漫画だよ!」

歩美「うわぁ……本当だ」
男『お、おい、もう勘弁してくれよ』

女『ふふ、まだまだよ』ジュポジュポ
元太「怖ぇええ」

歩美「怖いの? どっちかと言うとHな感じするけど」ハァハァ

元太「うわぁ、何か俺まで股間がムズムズしてきたぞ」
15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 01:58:38 ID:et1pNLaM
歩美「何だかんだ続き気になっちゃうね」ウズウズ

元太「そ、そうだな」ハァハァ
男『ううっ』

女『ふふ、おいしい』ペロペロ
歩美「ねぇ、これ食べてるんじゃなくて、飴みたいに咥えたり舐めたりしてるんじゃない?」

元太「そ、そうだな。」
16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 02:03:19 ID:et1pNLaM
歩美「早く次のページ!」

元太「お、おう」ペラッ

男『ううっ』ムクムク

女『ふふ……ようやく元気になったみたいね』サワサワ

歩美「あれ? この人のチンチン大きくなったね。変なの。能力漫画ってやつ?」

元太「歩美、これは普通だぞ。男ってのは緊張するとチンチンの大きさが変わるんだ」

歩美「えっ? そうなの!?」

元太「あ、あぁ。俺も今ちょっと大きくなってる」

歩美「えっ! 見せて!!」

元太「嫌だよ、こんな所で裸になれるか!」
17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 02:05:06 ID:et1pNLaM
歩美「そっか、そうだよね……」ペラッ

男『うぁ』

女『どう? 気持ち良いかしら?』

歩美「……気持ち良いのかな?」

元太「ま、まさか」

歩美「ちょっと試してみない? 今日は家に誰もいないんだ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~
18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 02:08:12 ID:et1pNLaM
小嶋氏「てな事が昨日あったんだ」

光彦「」

コナン「」

吉田氏「元太くん凄く気持ちよさそうだったんだよ! 私も何だか嬉しくなっちゃった」

コナン「ま、マジかよ……」

光彦「そ、そんな……まさか歩美ちゃんが……」

コナン「昨日、学校あったのかよ」

光彦「!?」
19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 02:18:44 ID:et1pNLaM
光彦「ね、ねぇ歩美ちゃん、僕にもその……やって貰えませんか?」

吉田氏「え~、駄目だよ。私は元太くんのを舐める約束してるし。疲れるから2人のは無理だよ」

小嶋氏「じゃあ仕方ねーな。光彦のは俺が舐めてやるよ。気持ちイイゾ!」

光彦「嫌ですよ!? 馬鹿なんですか!? ホモじゃあるまいし!!」

吉田氏「光彦くん酷い! よく分からないけれど、せっかく元太くんが舐めてあげるって言ってるのに!」

小嶋氏「そうだぞ光彦。遠慮すんな」

光彦「こ、コナン君? 何とか言ってやって下さいよ」

コナン「うわぁ、やっちまったよ。普通に凹むわ~。また元太に騙されたのかよ~」

小嶋氏「もう良いよ。俺達だけで楽しもうぜ!」

吉田氏「今日は男の人がオッパイ舐めてたヤツも試そうね」

光彦「あ、そうだ! 灰原さん」

灰原「気持ち悪いから話し掛けないで」

光彦「」


20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2015/03/16(月) 13:19:11 ID:YEl.qp96

関連記事

no image

【コナンSS】阿笠「ワシがいなくなれば、間違いなく光彦君は、普通の少年として生きられるはずじゃよ」

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/09/14(日) 23:34:21.

記事を読む

no image

阿笠博士「コナン君が歩美ちゃんと遊園地でデートかのwほっほっほw」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/19(水) 01:05:35.

記事を読む

no image

歩美「光彦くんがコートの外まで吹っ飛んだ!」元太「ならばくらえ!参式波動球!」SS

1 : クワガタ◆yd4GcNX4hQ 2015/07/11(土)15:07:23 ID:UY3

記事を読む

no image

服部「おい工藤!おっちゃん死んだって本当か!」コナン「ああ、今日が葬式だ」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/05(月) 09:45:08.

記事を読む

no image

江戸川コナン「腹をすかせた元太が歩美ちゃんを丸飲みにしやがった!」SS

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/02(火) 05:29:18.

記事を読む

no image

吉田歩美「哀ちゃんはコナン君を諦めて、光彦君で我慢しなよ!私の彼氏に手を出さないで!」SS

1 : ◆ZtHe8ptH4w9w 2013/04/26(金) 05:27:58.51 ID:DvI

記事を読む

no image

【名探偵コナンSS】阿笠博士「新一は人殺しの心理をまるでわかっとらんようじゃのw」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/17(火) 22:02:06.14

記事を読む

no image

毛利蘭「せっかくの日曜なのに競馬中継なんか見ないでどこか連れてってよ!」小五郎「くそっ、今月も赤字だ!」SS

1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/06/10(水) 02:11:57.0

記事を読む

no image

高木刑事「なんて痛ましい事件なんだ!」目暮警部「こんなうら若い女性が包丁で刺されて死ぬなんて」SS

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/27(水) 18:47:19.

記事を読む

no image

ウォッカ「ジンの兄貴には言えねえ。灰原哀が俺の彼女だということを」【コナンSS】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/24(火) 07:58:54.

記事を読む

    PAGE TOP ↑