榛名「良くありません!この子は深海棲艦で、私は艦娘です!」

公開日: : 艦これSS

2 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 17:53:36 ID: hyhL2fNko
レ級「ン、ドーシタ?」

提督「え?いや、どーしたもこーしたも……は?」

レ級「ソンナ不思議ソーナ顔サレテモ困ルンダケドナ」

提督「いやだってなんでレ級?深海悽艦だよねお前?」

レ級「ソーダナ」

提督「なんで普通に建造されちゃってんの?」

レ級「サア?」
3 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 17:54:43 ID: hyhL2fNko
提督「俺が鎮守府に着任して初めての建造だよ?景気よく戦艦レシピ試したら深海悽艦が建造されてしかもそれがレ級ってマジでなんなの?」

レ級「幸運ノ女神ニキスデモサレタンジャネーノ」

提督「これを幸運と言い張るなら俺はそいつを右ストレートでぶっ飛ばすぞ」

レ級「オオコワイコワイ」
5 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 17:56:19 ID: hyhL2fNko
提督「電とかあまりのショックに泡吹いてぶっ倒れちゃってるよ?どうすんのこれ?」

レ級「イヤ介抱シテヤレヨ」

提督「うん」
・・・・・・

提督「電は医務室に寝かせてきました」

レ級「モドッテクルノハエーナ、オカエリ」

提督「ただいま」
6 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 17:58:34 ID: hyhL2fNko
提督「妖精さんこれマジでどういうこと?」

妖精A「私らにもさっぱりでさー、いつも通り建造しただけなんでー」

妖精B「途中まで普通の艦娘だったはずなんだけどなあ」

妖精C「いつの間にかこんなことに」

レ級「ラシイゼ」

提督「……えー」
8 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 17:59:48 ID: hyhL2fNko
レ級「珍シイ体験シタト思ッテ諦メルンダナ」

妖精A「そういうことでー」

妖精B「お願いしますー」

レ級「マ、ソンナワケデコレカラヨロシクナ、シレーカン」ポンッ

提督「……」

提督「嘘やん……」
9 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:01:02 ID: hyhL2fNko
【医務室】

電「……ん……」

提督「お、目が覚めたか」

レ級「オハヨウ、イヤコンニチハダナ」

電「……はうあっ!?」ビクッ

レ級「ソンナ急ニビックリスンナヨー、コッチガ驚イチマウゼ」

電「ゆ、夢」

レ級「ジャナインダナ、ソレガ」
11 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:02:22 ID: hyhL2fNko
提督「本当に残念なことにな」

レ級「ソンナ連レナイコト言ウナヨ」

電「あの、司令官さん、この人……」

提督「……戦艦レ級だな、正真正銘の」

レ級「本日付デコノオンボロ鎮守府ニ着任シマシタ戦艦レ級デーッス本日二度目」ビシッ

電「よ、よろしくお願いします……?」ピシッ
12 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:03:51 ID: hyhL2fNko
提督「そんな律儀に敬礼返さなくても良いんだぞ電、あとレ級テメエオンボロ鎮守府呼ばわりとか喧嘩売ってんのか」

レ級「ソーダッツッタラ?」ニカッ

提督「全力で購入拒否する俺が悪かった許してくれ」ドゲザ

レ級「上官ノ威厳モクソモネーナオイ」

提督「プライドなんざ命の前には犬の糞さ」

レ級「キメ顔デ言ウ台詞ナノカ?」
13 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:05:15 ID: hyhL2fNko
電「そ、それで司令官さん」

提督「どうした電」

電「その、レ級……ちゃんは、どうするんですか?」

提督「……」

レ級「三食飯付キ一人部屋ナラソレ以上ハ望マネーゼ、デキレバ間宮アイスモ欲シイケドナ」

提督「そこで悩んでるんじゃねえよアホ」

レ級「アホッテ言ウンジャネエ怒ルゾ」

提督「前言撤回するから尻尾を押し当ててこないでくれ俺が悪かったから謝るから」ドゲザ

レ級「ヨシ」
15 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:06:44 ID: hyhL2fNko

提督「で、レ級をどうするかだったか」

提督「普通なら大本営に報告して指示を待つか即刻この場で解体処分だろうが……」

レ級「ヲ?イイノカソンナコトシテ?駄々コネチャウゾ?」

提督「待て早まるなレ級、鎮守府を全壊させる前に続きを聞け」

提督「こんなレアケースに普通なんてまず通用しない」

提督「報告した時点で間違いなくアウトだ、良くて俺のクビが飛ぶし、悪けりゃ俺の首まで飛ぶ」
16 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:09:03 ID: hyhL2fNko

提督「解体なんてしようものなら言わずもがなだ」

レ級「ツマリ建造シタ時点デモウドウシヨウモネーッテカ」

提督「そういうことだ」

レ級「ハハハ、トンデモネー爆弾ダナソリャ」

提督「全くだこの張本人め」

電「じゃあ、結局どうするんですか?」

提督「開き直る」

電「えっ?」
17 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:10:55 ID: hyhL2fNko

提督「匿うとしてもこれから艦娘が増えていけば隠し通すのは不可能に近くなる」

提督「だったらいっそのことこのチート戦艦をフルに活用してやるさ」

提督「レ級が活躍してくれればバレた時の擁護材料にもなるしな」

提督「ま、要するにうちの艦隊のエースとして迎え入れるってことだ」

提督「よろしく頼む、期待してるぞ、レ級」

レ級「オウ、コレカラヨロシクナ、シレーカン、電」ニカッ

電「よろしくお願いします、なのです!」

提督(……バレたらどうしよ)
18 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 18:11:46 ID: hyhL2fNko
とりあえず今日はここまでで
35 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:12:02 ID: hyhL2fNko
今日はここまでだと言ったな、あれは嘘だ

明日投下できそうにないんで今の内に投下します
36 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:13:00 ID: hyhL2fNko

【工蔽】

レ級「デ、ナンデ工蔽ニ戻ッテキテンダ、出撃スンジャネーノカ?」

提督「その前にもう一度建造する。建造したのが深海悽艦だけなんていうのは勘弁願いたいからな」

提督「そんなわけで妖精さん、今度は駆逐艦レシピで頼む」

妖精「了解でさー」
37 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:14:50 ID: hyhL2fNko

提督「さて、建造時間は……」

00:30:00

提督「おお!駆逐艦だ!」

電「やりましたね司令官さん!」

提督「しかも30分ってことは島風か?レア駆逐艦じゃないか!」

妖精「高速建造材使うー?」

提督「ああ、頼む!」

妖精「ほいさー」
38 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:16:07 ID: hyhL2fNko

ゴオオォォォ……

妖精「建造完了でさー」

電「どきどき、なのです」

レ級「元気ヨク挨拶シネートナ」

提督「分かってて言ってるだろお前」

レ級「ハハハ」

提督「笑って誤魔化すんじゃない」

イ級「コンチハッス!駆逐艦イ級ッス!」

提督「」

電「」
39 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:17:20 ID: hyhL2fNko

レ級「オ、イ級ジャン」

イ級「ア、レ級サンモ着任シテタンッスカ」

レ級「マーナ、仲間ガ増エテ心強イゼ」

イ級「コッチモレ級サント肩ヲ並ベテ戦エルトカ光栄ッス、ヨロシクッス」

レ級「オウ、コッチの白目向イテルノガウチノシレーカン、泡吹イテ倒レテルノガ秘書艦ノ電ダ」

提督「いやレアだけどさあ……確かにレアだけどさあ……」ブツブツ

電「……」ブクブク
40 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:18:27 ID: hyhL2fNko

イ級「介抱シテアゲナクテイインッスカ?」

レ級「ソレモソーダナ、オイ起キロシレーカン」ベシベシベシベシ

イ級「レ級サン、往復ビンタサレタ提督サンノ顔ガスゴイ勢イデ腫レ上ガッテルッス」

レ級「手加減シテルカラダイジョーブ、気ニスンナ」

ベシベシベシベシベシベシベシベシ……

提督「……ハッ!電!?えっつーか顔めっちゃ痛い何これ!?」

イ級「ゴ愁傷サマッス」

42 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:19:48 ID: hyhL2fNko

・・・・・・

提督「電は置いてきた。このカオスに付いてこれそうにない」

提督「正直俺も電と一緒に医務室でふて寝決め込みたい」

レ級「現実見ロロリコン」ベシッ

提督「痛い!お前ソレマジでやめて洒落にならない!あと俺ロリコンじゃない!」
43 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:22:17 ID: hyhL2fNko

イ級「アノー、ソロソロ自己紹介ニ移ッテモイイッスカ?」

レ級「オウ、イイゾ」

イ級「ジャア改メマシテ、駆逐艦イ級ッス。粉骨砕身頑張ルッス。コレカラヨロシクッス」

提督「……ああ、よろしく」

イ級「元気ナイッスネ提督」

提督「深海悽艦に囲まれて元気でいられる奴がいたら見てみたいね」

イ級「安心シテクダサイッス、確カニ深海悽艦デハアルッスケド、同時ニ提督ノ艦娘デモアルッス」

イ級「提督ノ為ニ尽力スル所存ッス」
44 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:23:35 ID: hyhL2fNko

提督「……」

イ級「……ヤッパリ、ダメッスカ?」

提督「……いや、歓迎する」

イ級「マジッスカ!アリガトウッス!」

提督「ただ一つ聞きたいんだが、お前ら深海悽艦だろ?同族と戦う抵抗感とか無いのか?」

レ級「無イナ」

イ級「無イッスネ」

提督「無いのか……」
45 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:25:43 ID: hyhL2fNko

レ級「アタシラハアクマデ『艦娘』ダカラナ、生マレガ違エバ考エ方モ違ウ」

イ級「ソウイウコトッス」

提督「考え方で片付く話なのか……?」

レ級「アタシラガ片付クッテ言ッテンダ、キニスンナ」

イ級「ソウッスヨ」

提督「そうっすか……」
46 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:26:48 ID: hyhL2fNko

レ級「ソンデシレーカン、コレカラドウスンダ?マタ建造カ?」

提督「いや、また建造して深海悽艦が出てきたら今度こそ心が折れる」

提督「建造は一旦やめにして出撃するぞ」

レ級「待ッテマシタ、リョーカイ!」ピシッ

イ級「腕ガ鳴ルッス!ア、腕ナカッタッス!」

提督(……これは笑えばいいのか?)

47 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:27:43 ID: hyhL2fNko

【鎮守府前海域】

レ級「敵影ネーナー」

イ級「イイコトッス。平和が一番ッス」

提督『最初の海域だからって気を抜くなよ。』

レ級「ワカッテルッツーノ」

イ級「イエッサーッス!」
48 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:28:48 ID: hyhL2fNko

電「……」

電(うう……仲間だと分かっててもやっぱり緊張するのです……)

提督『電?どうかしたか?』

電「……」

レ級「イーナーズーマー?」グイッ

電「ひゃいっ!?」ビクッ
49 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:29:48 ID: hyhL2fNko

レ級「イクラ初陣ダカラッテソンナニ緊張スンナッテー」ケタケタ

イ級「イヤ、緊張ノ原因ハコッチニアルト思ウッス」

電「そ、そんなこと……」

イ級「無理シナクテモイイッス、コッチノ方チラチラ見テハウカナイ顔シテルノバレバレッシタッス」

電「あうう……」
50 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:31:32 ID: hyhL2fNko

イ級「無理ニ慣レロナンテコッチカラハ言エナイッスケド、イツカ普通ニ話セルヨウニナレタラ嬉シイッス」

電「わ、私も早く仲良くなりたいのです!」

イ級「ソイツハヨカッタッス」

レ級「ンー、ジャア仲良クナルタメノ第一歩ダ」

電「……?何ですか?」

レ級「『アイツラ』、一緒ニ仲良クブッ潰スゾ」ジャキッ

提督『前方に敵影だ!電、イ級、準備しろ!』
イ級A『エ,アレレキュウジャネ?』

イ級B『ホンマヤ,ナンデカンムストイッショニオルネンヤロ』

イ級C『イキュウモイルゾ』

ホ級A『デモテキイムキダシジャネ?』

ホ級B『ツーカネラワレテネ?ヤバクネ?』

51 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:33:03 ID: hyhL2fNko

イ級「無理ニ慣レロナンテコッチカラハ言エナイッスケド、イツカ普通ニ話セルヨウニナレタラ嬉シイッス」

電「わ、私も早く仲良くなりたいのです!」

イ級「ソイツハヨカッタッス」

レ級「ンー、ジャア仲良クナルタメノ第一歩ダ」

電「……?何ですか?」

レ級「『アイツラ』、一緒ニ仲良クブッ潰スゾ」ジャキッ

提督『前方に敵影だ!電、イ級、準備しろ!』
イ級A『エ,アレレキュウジャネ?』

イ級B『ホンマヤ,ナンデカンムストイッショニオルネンヤロ』

イ級C『イキュウモイルゾ』

ホ級A『デモナンカテキイムキダシジャネ?』

ホ級B『ツーカネラワレテネ?ヤバクネ?』

52 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:35:00 ID: hyhL2fNko
//しまったミスった、>>51は無しでお願いします
電「……!分かりました!なのです!」ジャキッ

イ級「ナンカ最初の海域ニシテハ敵多クネエッスカ!?」

レ級「細カイコト気ニシテンジャネエハゲルゾ」

レ級「ソレニ、イクライヨウガ関係ネー、全部潰ス」

レ級「レ級サマヲナメンナヨー!逃ゲルナラ今ノ内ダゼ!」バシュッ

ヒュウウゥゥ……ドゴオオオン!!!

ホ級A『エ,チョ』撃沈!

ホ級B『アイボオオォォ!!』

レ級「マダマダァ!」ドオォン!!

ホ級B『コレナンテムリゲー』撃沈!
53 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:36:40 ID: hyhL2fNko

イ級「敵軽巡二隻撃沈ッス!」

電「い、一瞬で二隻も沈めちゃったのです……」

提督『話には聞いてたが……実際に目の当たりにするとやっぱすげえな……』

レ級「深海悽艦ノエースヲナメンナヨ」ドヤッ

イ級「ヤッテヤルッス!」ドォン!

イ級C『アタルカボケェ!』ヒョイッ

イ級「……外シタッス」

レ級「オーイチャント狙エヨー」

イ級「申シ訳ネエッス」

提督『電、頼んだぞ!』

電「はいなのです!命中、させちゃいます!」ドォン!

イ級C『ギャアアアァァ』撃沈!
54 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:38:23 ID: hyhL2fNko

イ級A『クソガァ!』ドォン!

レ級「アタルカッツーノ」ヒョイッ

イ級B『ダッタラテメエダ!!』ドォン!

電「あうっ!」少破!

提督『大丈夫か電!?』

電「は、はい!戦闘に支障はないのです!」

レ級「沈メェ!」ドオォン!!

イ級B『ハイハイチートチート』撃沈!

イ級「残りは一体ッス!」
55 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:40:19 ID: hyhL2fNko

提督『雷撃準備!』

電「なのです!」バシュッ

レ級「ブチカマスゼー!」バシュッ

イ級「今度ハ当テルッスヨ!」バシュッ

イ級A『シズメヤァ!』バシュッ

レ級「ダカラアタラネーッテ」ヒョイッ

イ級A『デスヨネー……ギャアアァァ』撃沈!

イ級「目標全撃沈ッス!ヤッタッスネ!」

レ級「イエーイ!」ハイタッチ

電「い、いえーい、なのです」ハイタッチ

提督『やったな皆!』
56 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:41:46 ID: hyhL2fNko

イ級「アトハ鎮守府ニ戻ルダケッスネ」

レ級「ソノ前ニドロップダドロップ」

イ級「ア、ソウッシタ」

電「誰が来るんでしょう……」ドキドキ

提督『頼む艦娘来てくれ頼む艦娘来てくれ頼む艦娘来てくれ頼む艦娘……』

レ級「ブツブツウッセーナシレーカン」

天龍「俺の名は天龍。フフ……」

レ級「レ級ダ、ヨロシク」ニカッ

天龍「……フフフ……」

天龍「怖い」バシャーン

イ級「アア!天龍サンガ泡吹イテ倒レタッス!ヤバイッス沈ムッス!」

電「はわ、はわわわ!」

提督『天龍ぅぅぅ!!』

レ級「……アレー?」
57 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月27日 (土) 22:43:23 ID: hyhL2fNko
今度こそ今日はここまでです

長ったらしく書いておいてそこまで進んでないのは内緒
81 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:00:19 ID: nHhzqm/ko
今日の分投下します
深海勢の台詞が読みにくいとの指摘があったのでカタカナ矯正イベント入れて
試しにカタカナを全部平仮名に直したら違和感凄かったんで所々にカタカナ入れる感じになってます
読みやすさなど意見くれると嬉しいです
82 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:01:45 ID: nHhzqm/ko

レ級「艦隊ガ帰投シタゼ」

提督「おかえり皆、よくやってくれた」

電「緊張したのです……」

イ級「フィー、疲レタッス」

天龍「……お前がここの提督か」

提督「お前が何を言いたいかはよーくわかるが、とりあえず先に風呂に入ってこい。びしょ濡れのままだと風邪引くぞ」

天龍「……わかったよ」

レ級「ア、アタシモ風呂入リタイ」

提督「お前はちょっと待て、一緒に入ると天龍の精神衛生上非常によろしくない」

レ級「チェッ」

提督「電は入渠、他の皆は補給を済ませたら後は好きにしていいぞ、それじゃあ各自解散」
83 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:02:51 ID: nHhzqm/ko

【執務室】

提督「……」カリカリ

コンコン

提督「入っていいぞ」

ガチャッ

天龍「よう」

提督「おう、まあ好きに座れ」

天龍「それじゃあ説明してもらおうか、なんで鎮守府にイ級とレ級がいるのか」

提督「かくかくしかじか」

天龍「これこれうまうま……ってわかるか!」

提督「いい突っ込みだ。それじゃあ真面目に説明するぞ」

天龍「最初からやれっての、全く……」
84 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:04:02 ID: nHhzqm/ko

・・・・・・

提督「……ってわけだ。まあ要するに」

天龍「あんたらもよくわかってないってわけか」

提督「その通りでございます」

天龍「ったく、着任早々大っ恥かいちまったぜ」

提督「それはレ級に文句を言ってくれ」

提督「でも、出撃ドロップはちゃんと艦娘だってことがわかってホッとしたよ」

天龍「建造の方だって何回もやってりゃいつかは艦娘が出るんじゃねえのか?」

提督「だといいんだがな……今は資材もないし確かめるのはもう少し先だな」
85 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:05:05 ID: nHhzqm/ko

天龍「ま、聞きたいことは聞けたし俺は部屋に戻るぜ」

提督「……」

天龍「急に黙ってどうした?」

提督「いや、てっきり嫌がるもんだと思ってたからな」

天龍「レ級たちのことか?」

提督「ああ」

天龍「確かにいきなりレ級に出くわした時はビビったけどな、味方だってわかりゃなんてこたあねえよ」

提督「適応力が高いんだな」

天龍「フン、この天龍様をなめんじゃねえ」
86 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:06:12 ID: nHhzqm/ko

提督「そうか、頼もしい限りだな。……それじゃあ、これからよろしく」

天龍「おう。……さて、今度こそ部屋に戻るわ」

ガチャッ

イ級「アッ、コンチハッス」

天龍「ヒッ」ビクッ

提督「……なぁ天龍、今」

天龍「ビビってねえ!ビビってねえからな!! 」

提督「そ、そうか」

天龍「フン!///」

スタスタスタスタ……
87 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:07:17 ID: nHhzqm/ko

イ級「溝ハ深イッスネ」

提督「ゆっくり埋めていくんだろ?」

イ級「ッス」

提督「それでイ級、何か用か?」

イ級「補給ニ使用シタ資材ノ書類、届ケニ来タッス」

提督「そうか、ありがとう」

イ級「ホイ、コレッス」

提督(器用に書類を頭に乗せてやがる……)
88 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:08:33 ID: nHhzqm/ko

提督「どれどれ……」

提督「」

イ級「急ニ固マッテドウカシタッスカ?」

提督「……レ級の消費資材量文字通り桁違いなんだが、これは俺の目がおかしいのか?」

イ級「ドレドレ……ッス」

イ級「残念ナガラ提督サンノ目ハ正常ッス。マアレ級サンノ性能考エルト仕方ナイッスネ」

提督「一回の戦闘でコレだけ消費するのかよ……」

イ級「ソレニ見合ウダケノ実力ハアルッスケドネエ」

提督「レ級がいれば鎮守府海域はすぐに制圧できると思ったんだが、これじゃあ資源がもたないな……」
89 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:09:31 ID: nHhzqm/ko

イ級「提督サンガ出世スルマデノ辛抱ッスネ」

提督「ただ出世するには戦果をあげなければいけない……」

イ級「戦果ヲ上ゲルニハレ級サンヲ使ウノガ手ッ取リ早イ……」

提督「ジレンマだな」

イ級「ッスネ」

提督「まあ、運用を新海域攻略の時だけに抑えるとか色々工夫のしようはある、何とかするさ」

提督「ありがとう、下がっていいぞ」

イ級「了解ッス!」

ガチャッ

バタン

提督(……あいつ今どうやって扉閉めたんだ?)
90 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:10:25 ID: nHhzqm/ko

【レ級の部屋】

レ級「……」ゴロン

レ級「暇ダ」

コンコン

レ級「アー?誰ダ?」

イ級『イ級ッス、入ッテモイイッスカ?』

レ級「イーゾ」

ガチャッ

イ級「失礼スルッス」
91 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:12:04 ID: nHhzqm/ko

ガチャッ

イ級「失礼スルッス」

レ級「何カ用カ?」

イ級「何モヤルコトナクテ退屈シテルダロウト思ッテコンナモン持ッテキタッス」

『深海棲艦でもわかる!やさしい日本語』

レ級「……何ダコレ」

イ級「倉庫ニアッタノヲ見ツケタッス、ヨカッタラドウゾッス」

レ級「デモナー、アタシモウ日本語話センゾ」

イ級「コレ読メバモット流暢ニナルッスヨキット!提督サンニモ誉メラレルッス!」
92 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:13:47 ID: nHhzqm/ko

レ級「何デソコデシレーカンガ出テクルンダ?」

イ級「ヒミツッス」

レ級「ナンダヨ……マア読ンデミル」

イ級「ハイッス!読ミ終ワッタラ貸シテクダサイッス!」

レ級「オウ」

ガチャッ

バタン

レ級(今アイツドーヤッテ扉閉メタンダ?)

レ級「……読ムカ」
93 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:15:25 ID: nHhzqm/ko
・・・・・・

【イ級の部屋】

ガチャッ

レ級「オイイ級」

イ級「ア、読ミ終ワッタッスカ?」

レ級「すげーぞこれ、お前も読め」

イ級「心ナシカ聞キ取リヤスクナッテル気ガシナイデモナイッス」

レ級「ダロ?自分でもビックリしてるぜ」

イ級「ソレジャ読マセテモラウッス」

レ級「オウ」
94 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:18:29 ID: nHhzqm/ko

提督「……」カリカリ

ガチャッ

レ級「シレーカンー」

提督「レ級か、どうした?」

レ級「腹減った」

提督「ん、もうこんな時間か……」

レ級「誰が飯作るんだ?」

提督「当番制にするつもりだが、今日はとりあえず俺が作ろう」
95 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:19:38 ID: nHhzqm/ko

レ級「作れんのか?」

提督「人に食べさせられるだけの腕はあるつもりだ」

レ級「フーン……なあシレーカン」

提督「何だ?」

レ級「アタシも手伝っていいか?」

提督「お前がか?料理できるのか?」

レ級「コレっぽっちも」

提督「おいおい……」

レ級「ただ何か面白そうダロ?」
96 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:20:48 ID: nHhzqm/ko

提督「お前なあ……今度教えてやるから今日は我慢しろ」

レ級「チェッ」

提督「……ところでレ級」

レ級「どーした?」

提督「お前の日本語、なんつーかちょっと上手くなってないか?流暢になったというか」

レ級「オ、やっぱ分かるか?」

提督「何となくな、何があったんだ?」

レ級「本読んだ」

提督「本?」

レ級「イ級が見つけたらしくてな、読み終わったらこうなった」
97 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:24:00 ID: nHhzqm/ko

提督「それは……すごい学習能力だな」

レ級「本がよかったんじゃネーノ?」

提督「普通本読んだだけでそうはならねーよ」

レ級「ナア、変に感じたりするか?」

提督「いいんじゃないか?聞きやすいにこしたことはない」

レ級「ソーカ」

レ級「イ級もメシ食う頃には上手くなってると思うぜ、じゃーな、メシ出来たら呼べよ」

提督「おう」

バタン

レ級(……♪)
98 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月29日 (月) 21:24:41 ID: nHhzqm/ko
とりあえずここまででー
121 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 21:46:54 ID: HYnPeTCyo
今日の分投下します
話が進んでなくても気にしない
123 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 21:48:09 ID: HYnPeTCyo

【食堂】

提督「できたぞー」ゴトッ

天龍「おお……」

電「美味しそうなのです!」

イ級「美味そうッスネ!」

レ級「オー……」

提督「時間もなかったし野菜炒めとか簡単なものしか作れなかったけどな」

提督「っつーか、作ってから言うのもなんだがお前ら普通の飯食えるのか?」

イ級「問題ないッス!」

レ級「アア」

提督「そうか、そりゃよかった」
124 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 21:49:21 ID: HYnPeTCyo

電「それじゃあ、頂きます、なのです!」

レ級「オイイ級」

イ級「なんスか?」

レ級「ピーマンやるよ」ポイッ

イ級「どうもッス!」パクッ

天龍「じゃあ俺のもやるよ」ヒョイッ

イ級「いただくッス!」パクッ

提督「おいレ級、天龍、好き嫌いするんじゃない。ちゃんと自分で食え」

レ級「チェッ」

天龍「わーったよ……」
125 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 21:50:25 ID: HYnPeTCyo

電「あのぅ……司令官さん……」

提督「どうした?」

電「ナスが……その……」

提督「仕方ないなぁ、貰ってやるから残りは食うんだぞ?」

電「分かりました!」パアァ

レ級「……」ジー

天龍「……」ジー

提督「な、何だよお前ら」

イ級「そこでシラを切るのは正直どうかと思うッス」
126 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 21:52:55 ID: HYnPeTCyo

提督「し、仕方ないだろ。あんな顔して頼まれちゃ断れん」

レ級「……ロリコン」

天龍「いやペドフィリアだろ」

提督「待ってくれ、誤解だ!俺はいつでもYESロリータNOタッチの精神をだな!」

イ級「墓穴掘ってるッスよ、提督サン……」
天龍「それにしても本当にうめえな」

提督「支給品の質がいいんだろ」

天龍「それだけじゃねえと思うけどなあ」
127 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 21:58:56 ID: HYnPeTCyo
提督「ただこれから深海棲艦が増えるとなると……どうすっかな」

レ級「何がだ?」

提督「食料だよ。深海棲艦もいるんで支給量増やしてくださいって言うわけにはいかないだろう?」

レ級「艦娘の数水増しして申告すればいいんじゃネーノ?」

提督「それだと監査が入ったらすぐバレるだろ」

レ級「深海棲艦がいる時点でそんなの気にしても仕方ないダロ」

提督「それをお前が言うか……」
128 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:00:13 ID: HYnPeTCyo

提督「何にせよ今のうちに考えておいた方がいいかもな」

イ級「ア」

電「どうかしましたか?」

イ級「しまったッス、味噌汁が飲めねえッス」

天龍「腕ないもんなお前」

レ級「足もな」

電「廊下をピョンピョン跳んでたのを見たときはビックリしたのです」

イ級「海だと泳げるから楽なんッスけどねえ」
129 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:01:07 ID: HYnPeTCyo

イ級「具だけでも誰か食べさせてくれないッスか?」

レ級「出番だぞシレーカン」

提督「俺がか!?」

レ級「ホラ早くしろ」

イ級「熱いの苦手なんで冷ましてくれると嬉しいッス」

提督「何で俺が……ほら、あーん」スッ

イ級「アーン……何か小っ恥ずかしいッスねコレ///」ポッ

提督「何で顔を赤らめるんだそこで!?」
130 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:02:15 ID: HYnPeTCyo

イ級「いやーオイラも性別上は雌ッスから」

提督「お前女だったの!?」

イ級「オイラも艦娘ッス、何もおかしいところはないッスよ?」

提督(何か納得できん……)

提督「……ほら」

イ級「それじゃ今度こそ……」パクッ

イ級「美味いッス!そっちの豆腐もお願いしますッス!」

提督「おう」

提督(顔を赤らめながら豆腐を食うイ級……なんだこの光景)
132 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:02:59 ID: HYnPeTCyo

・・・・・・

提督「ご馳走さまでした」

電「なのです!」

レ級「ハー、食った食った」

イ級「美味かったッス!」

天龍「後片付け手伝うぜ、提督」

提督「お、サンキューな」
133 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:05:52 ID: HYnPeTCyo

レ級「部屋戻るかー、イ級、何か遊べるモノ持ってねーか?」

イ級「倉庫でトランプとウノなら見つけたッス、あと棚の上の方に碁盤みたいなのも見つけたッス」

レ級「ンー、囲碁わかんねえんだよな……」

イ級「一応わかるッスよ」

レ級「アー、今度教えてクレ、今日は二人でババ抜きやろう」

イ級「よりによってどうしてそれをチョイスしたッスか!? 」

電「あ、あの!良ければ電も混ざっていいですか?」

イ級「大歓迎ッスよ!」

レ級「ヨシ、じゃあ三人でイ級の部屋いくぞ」
134 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:07:02 ID: HYnPeTCyo

天龍「……」ウズウズ

提督「……どうした?」

天龍「提督、さっさと後片付けするぞ」ウズウズ

提督(……ああ、さっさと終わらせて混ざりたいんだな)

提督「おう、さっさとやっちまうか」

天龍「……なんだよそんなニコニコして」

提督「いや、何でも?」

提督(俺も後で混ぜてもらおうかな)
135 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:08:49 ID: HYnPeTCyo

【次の日】

チュンチュン……

提督「……ん」パチッ

提督(ん?何か右腕に違和感が……)チラッ

レ級「……zzz」スースー

提督「!?」

提督(な、何でレ級が抱きついて来てるんだ!?身に覚えが
……)

136 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:09:51 ID: HYnPeTCyo

提督(……いや待てよ?確か昨日夕食の後イ級の部屋に行って……)

提督(ああそうだ、そのまま皆でずっとトランプとウノやってたんだ)

提督「……修学旅行か何かかよ」ボソッ

イ級「ア、お目覚めッスか」

提督「ああイ級、おはよう」

イ級「おはようございますッス、昨日はお楽しみでしたッスね」

提督「その言い方は誤解を生むからやめろ、ましてこんな女の子だらけの部屋なら尚更だ。本当に間違いが起きかねん」
137 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:11:54 ID: HYnPeTCyo

イ級「エ?間違い起こしたじゃないッスか提督サン」

提督「……えっ」

イ級「スゴイ激しかったッスよ////」

提督「……えっマジで?」

イ級「冗談ッス」シレッ

提督「」

提督「お、お前なあ……そういうのは頼むからやめてくれ、心臓に悪い」

イ級「出来心ッス、申し訳ないッス」

提督「つーかイ級、お前それどうしたんだ?」

天龍「……zzz」ガシッ

電「……zzz」ダキッ

イ級「素晴らしい抱かれ心地ッスね、主に後頭部のあたり。マシュマロみたいッス」

提督「羨ましい……」(俺と変われ)

イ級「提督サン、本音も建前も欲望にまみれてるッス」
138 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年09月30日 (火) 22:13:16 ID: HYnPeTCyo
今日はここまででー
157 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月01日 (水) 21:45:07 ID: uxnFphXao
今日の更新はなしです、すいません
レ級ちゃんはそれでもRJよりはあると思いま
168 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:26:53 ID: f6H61YsIo
龍嬢さんは裏表のない素敵な人です

遅れました。今日の分投下します

169 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:28:29 ID: f6H61YsIo

【工弊】

レ級「……デ、またココか」

提督「またここだ」

妖精「おはようございますー、何かご用ですか?」

提督「ああ、デイリー任務を今のうちにこなしておこうと思ってな」

妖精「ではまずは開発ですね、資材と開発を担当される艦娘さんはどちらに?」

提督「資材は全最低値、担当艦娘はこいつで頼む」

レ級「ン、アタシか?装備なんて作ったことネーゾ」

提督「そんなこといったらここの鎮守府の全員がそうだ」
170 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:30:06 ID: f6H61YsIo

提督「それにどうせ任務消化用の開発だ、気楽にやれ」

レ級「あい、リョーカイ」

妖精「それではこちら資材ですー」

レ級「ドーモ。ンー、何つくっかな……」

・・・・・・

ペンギン「クエー」

レ級「……」
妖精「残念ながら失敗ですねー」
171 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:31:19 ID: f6H61YsIo

提督「まあ仕方ないな、とりあえず任務完了の申請を……」

レ級「オイテートク」

提督「どうした」

レ級「モウ一回やらせろ」

提督「ははっ、何だ失敗したのが悔しかったのか?」

レ級「ウッセエ」ベシッ

提督「痛いっ!」

レ級「フン」プイッ

提督「一度建造したらまたやらせてやるからちょっと待て、な?」

レ級「……わかった」
172 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:32:17 ID: f6H61YsIo

妖精「じゃあお次は建造ですねー、レシピはどうされますか?」

提督「そうだな……レア駆逐艦レシピで頼む」

妖精「わかりましたー」

00:22:00

提督「えーっと、レア駆逐艦レシピでこの建造時間は……」

妖精「潜水艦です」

提督「そうか、じゃあ……」

レ級「カ級かヨ級かソ級ダナ」

提督「深海棲艦前提で話を進めるんじゃねえ、伊号潜水艦の可能性だってあるだろ」

レ級「ナルホド、つまりイ級か」

提督「ちげえよ!」
173 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:33:28 ID: f6H61YsIo

・・・・・・

妖精「建造が終了しましたー」

提督「おう……」

レ級「……」

提督「……ん?」

妖精「あれー?出てきませんね」

レ級「ついにどっちも出てこなくなったか。ハハ、傑作ダナ」

提督「流石にそれはないと信じたい……」

「……アノ」

提督「ん?今どっからか声が……」

レ級「テートク、下ダ下」
174 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:34:36 ID: f6H61YsIo

提督「下?」チラッ

カ級「コオオォォンニイイィィチハアアアァァ」ズオォォ

提督「うわああああぁぁぁ!?」ゲシッ

カ級「アリガトウゴザイマス!」ゴキッ

提督「うわああああ大丈夫か!?」

妖精「首が回っちゃいけない方向に回りましたよ……」

レ級「アー、ダイジョーブじゃねーの?喜んでるみてーだし」
176 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:36:13 ID: f6H61YsIo

カ級「」ゴキッゴキッ

カ級「改メマシテ……潜水艦カ級デス……ヨロシクオ願イシマス……」

提督「よろしくする前にまずは立ってくれ」

カ級「立ツノ……面倒ナンデス……ウツ伏セガイイ……」

提督「面倒でもだ」

カ級「エー……」

レ級「さっさと立てノロマ」ゴスッ

カ級「アリガトウゴザイマス!」スッ

提督(ああ……さっきから思ってたがこいつドMか……)

レ級(何だコイツオモシレー)

提督「それじゃあカ級、よろしく」

カ級「ハイ……」
177 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:37:20 ID: f6H61YsIo

レ級「ヨシシレーカン、もう一度開発ダ開発」

提督「ああ、そうだったな」

提督「カ級、今のうちに鎮守府見て回ったり皆に挨拶してきてくれ」

カ級「分カリマシタ……」

ズリズリ……

提督(匍匐で移動する方が疲れるんじゃ……?)

妖精「こちら資材ですー」

レ級「ヨッシャやるぞシレーカン」ワクワク

提督(嫌な予感しかしない)
この後メチャクチャ開発失敗した
178 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:38:31 ID: f6H61YsIo

【執務室】

天龍「何だよ急に呼び出して、出撃か?」

提督「いや、演習だ」

イ級「演習ッスか?だったらオイラたちは呼ばない方が……」

提督「安心しろ、別に他の鎮守府とやるわけじゃない」

電「じゃあ、私たちだけで艦隊を組んでやるのですか?」

提督「そういうことだ」

イ級「じゃあ誰と……って、一人しかいないッスね」

提督「ああ。……お前らにはこれからレ級と戦ってもらう」

電「レ級ちゃんと、ですか?」
179 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:40:00 ID: f6H61YsIo

天龍「確かに演習相手としてこれ以上の相手はいねえけどさあ……」

イ級「レ級サンは消費資材量がひどいってこの前いってたじゃないッスか」

提督「いや、確かにそうなんだがそれはあくまで出撃したときの話だ」

提督「演習でお前らの練度が上昇することを含めるとそう悪い話でもないんだよ」

イ級「アー、なるほどッス」

カ級「所で……肝心のレ級はどこ……?」

提督「すでに演習場で準備してるはずだ」

電「早いのです……」
180 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:41:56 ID: f6H61YsIo

提督「話を持ちかけた瞬間に目をキラッキラ輝かせてすっ飛んでったよ」

イ級「レ級サンらしいッスねえ……」

提督「よし。それじゃあ演習場に向かえ。みっちり絞ってもらってこい」

イ級「了解ッス」

天龍「了解」

カ級「レ級の砲撃……フフ、気持ち良さそう……」

電「き、気持ちいい……?」

イ級「気にしない方がいいッス」
181 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月02日 (木) 23:43:22 ID: f6H61YsIo
今日はここまでで
次回、レ級ちゃんと遊ぼう

投下量少ないのは勘弁です
199 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:29:28 ID: SVUOp+3uo
レ級ちゃんは深海棲艦一ヘッドフォン+風船ガムの組み合わせが似合う子だと思います

それでは今日の分投下します
200 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:31:09 ID: SVUOp+3uo

【演習場】

レ級「オセーゾお前らー!」

天龍「めっちゃ元気に準備体操してやがる……」

カ級「しかもあれはラジオ体操第一ね……本格的……」

イ級「シュールな絵面ッスね」

レ級「ッシャー!準備できたかー!?さっさとやんぞー!」ブンブン

天龍「……なんであんなはしゃいでんだ?」

電「物凄く楽しそう、というか嬉しそうなのです……」

イ級「アー、ここだけの話なんッスけど」

カ級「心当たりがあるの……?」
201 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:32:32 ID: SVUOp+3uo

イ級「ッス。昨日レ級サンの出撃回数減らすってレ級サンが聞いた時、実は結構凹んでたッスよ」

イ級「だからその反動なんじゃないッスかね」

天龍「なるほどな」

レ級「何ボソボソ話してんだー!早く準備シロー!」

カ級「それを踏まえると……なんか……微笑ましいわね……」

イ級「ッス」

電「電たちも早く準備しちゃいましょう」ガシャン

天龍「だな、このままだと艤装なしでレ級の砲撃食らうことになりそうだ。……よっと」ガシャン
202 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:35:41 ID: SVUOp+3uo

カ級「マスク付けてっと……」チャポン

天龍「……お前そのマスク潜水用なんだな」

カ級「他に何があるのよ……」

天龍「いや……ただ潜水艦ってマスクとか無くても潜れるもんだと……」

カ級「フン……悪かったわねポンコツで……私の場合はマスクがないと溺れるのよ……」

天龍「そうだったのか……」

イ級「準備出来たッス、いつでもOKッスよレ級サン!」
203 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:36:35 ID: SVUOp+3uo

レ級「ッシャー!行くぞオラー!」ジャキッ

バシュッ

天龍「艦載機来たぞ!対空用意だテメーら!」

・・・・・・

レ級「ドヤァ……」勝利!

天龍「」チーン

電「はわ、はわわわ……」

カ級「ンギモッヂイイィィ」ビクッビクッ

イ級「結局全員轟沈判定ッスか。まあ当たり前ッスけど」ボロッ
204 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:37:44 ID: SVUOp+3uo

レ級「何だよ歯応えネーナア」

カ級「こっちは戦艦どころか重巡すら一人もいないのに無茶言わないでよ……」

イ級「戦艦空母揃えても今の段階じゃ勝てるか怪しいッスけどね」

電「やっぱりレ級ちゃんは強いのです……」

レ級「フフン。ソーダロソーダロもっと褒めろ」ドヤドヤッ

カ級「こうもアッサリやられると……本当に練度上がってるのかわからなくなるわね……」

イ級「さっさと補給済ませて提督サンに報告するッスよ。天龍サーン」
205 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:39:06 ID: SVUOp+3uo

天龍「……」プカプカ

電「て、天龍さん?」

天龍「……」プカプカ

レ級「コイツ、死んで」

天龍「ねーよ!!」バシャァッ

カ級「うわっ……脅かさないでよ……」
206 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:40:05 ID: SVUOp+3uo

天龍「クソッ!負けたままでいられるか!もう一度やるぞ!」

イ級「エッ」

天龍「今度こそ一撃くらいぶち当ててやる!」

レ級「ヘー、オモシレーじゃねーか、いいぜもう一度やってやる」

電「レ級ちゃんまで……」

カ級「ちょっと二人とも……」

天龍「」ゴゴゴゴゴ

レ級「」ゴゴゴゴゴ

カ級「完全に聞く耳持ってないわね……」

イ級「アーア、知らねえッスよオイラ」ハァ
207 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:41:58 ID: SVUOp+3uo

【執務室】

提督「正座」

天龍「はい……」

レ級「ハイ……」

提督「ヤケに戻ってくるのが遅かったからな、少し嫌な予感はしてたんだ」

提督「だがまあお前らだって自制くらいしてくれるだろうと思って様子を見に行きはしなかったさ」

提督「しっかし、嫌な予感っつーのはなんでこうも当たっちまうんだろうなあ?天龍」

天龍「……分かりません」

提督「まあそうだろうな。そうだろうよ。俺もんなこたわからん」

提督「……レ級、この紙の下の方、残存燃料と弾薬読み上げてみろ」

レ級「……燃料27、弾薬13」

提督「何でだああああああああああぁぁぁ!!!」

天龍「」ビクゥッ
208 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:43:17 ID: SVUOp+3uo

提督「確かにな、出撃するより演習の方が効率がいいとは言ったよ?」

提督「でもだからって資材が枯渇するまでドンパチやれなんて一言も言ってねーよ!」

天龍「仰る通りです……」

提督「あとレ級、俺はお前に何て言ったっけ?」

レ級「……『ちゃんと戦闘になるくらいには手加減しろ』」

提督「よく覚えてるじゃねーか、一字一句違わねえよ」

提督「それで?イ級に聞いた限りだと戦闘どころかただの蹂躙だったらしいが」

レ級「……少しはしゃぎすぎマシタ」

提督「どこが少しだ!お前が本気出しちゃったらこの演習の意味が無くなんだよ!」

レ級「ハイ……」

提督「そもそもだな……」グチグチグチグチ……

この後説教は一時間続いた
209 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:44:24 ID: SVUOp+3uo

【イ級の部屋】

レ級「……」ズーン

イ級(相当参ってるッスね)

イ級「そんなこともあるっすよ。元気だすッス」

レ級「ドーシヨ……シレーカンめっちゃ怒ってた……」

イ級「時間がたてば機嫌も治るッスよ。大丈夫ッス」

レ級「何であんなはしゃいじゃったんだろーな……チクショー……」

イ級「やる気だけ前のめりしちゃうなんてよくあることッス」

レ級「……ハア……謝らねーとな……許してくれっかな……」

イ級「きっと大丈夫ッスよ」

レ級「ソーカナ……」
210 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:45:25 ID: SVUOp+3uo

イ級「ただ今は提督サンも気持ちが収まってないと思うッス」

イ級「なんで、時間たつのを待つついでに一度寝るなりして気分リセットしたらどうッスか?」

イ級「提督サンにはその後で謝りに行けばいいッス」

レ級「ソーダナ……ソースル……」ゴロン
211 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:47:16 ID: SVUOp+3uo

レ級「……zzz」

コンコンッ

提督『俺だ』

イ級「ハイッス、どうぞッス」

ガチャッ

提督「……その、レ級いるか?」

イ級「いるッスけど今は寝てるッス」

提督「そうか……」

イ級「何かご用ッスか?レ級サン探してるあたり見当はつくッスけど」
212 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:50:46 ID: SVUOp+3uo

提督「お前の予想通りだよ、さっきは感情的になりすぎたから謝ろうと思ってな」

提督「天龍は部屋にいたんだが、レ級は部屋ノックしても返事がなかったから」

イ級「こっちもレ級サンが起きたら謝りに行こうとしてたとこッス」

イ級「レ級サンも相当落ち込んで反省してたッス。謝りに来たときは許してあげてくださいッス」

提督「ああ、ありがとう。失礼するよ」

バタンッ

イ級「提督サンもなんだかんだ不器用ッスねえ」
213 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月03日 (金) 21:52:54 ID: SVUOp+3uo
今日はここまでッス

中々投下できず申し訳ないッス。
ついでに言うと明日の投下は無理そうッス。重ねて申し訳ないッス。

カタカナに関してはとりあえずこのまま行くッス
232 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月05日 (日) 22:44:28 ID: E9AUC+ryo
今日も更新難しそうです、申し訳ありません
248 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:42:47 ID: 8IscSGCzo
今日の分投下します
249 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:44:09 ID: 8IscSGCzo

【執務室】

レ級「ゴメンナサイ!」ペコッ

提督「いや、俺もちょっと言い過ぎた。すまなかった」ペコリ

提督「演習はこれからもやるつもりだから、その時はちゃんとやってくれよ?」

レ級「アア、もちろん!」

提督「……期待してるぞ、レ級」

レ級「……ウン!」
250 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:45:25 ID: 8IscSGCzo

イ級「」ソーッ

イ級(レ級サン、ちゃんと謝れたみたいでよかったッス)

イ級(つーかいい笑顔ッスねー、満面の笑みってこういうのを言うんッスかね)

ガチャッ

レ級「ン?」

イ級「ア、レ級サンお疲れッス、どうッシた?」

レ級「ちゃんと謝って許してもらったっつーの」

イ級「それはよかったッス」

レ級「……何でそんなニコニコしてんだ?」

イ級「いやあ?何でもないッスよ」

レ級「ヘンな奴」

スタスタ……

イ級「手のかかる子供を持つ親ってこんな気分なんスかねえ」
251 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:46:36 ID: 8IscSGCzo

提督「……さて、あれから数日」

電「資源も貯蓄に専念してたくさん貯まったのです」

提督「任務もしっかりこなして資源の最大保有量も増えた」

提督「ならやることは一つだよ……なあ?レ級」

レ級「……アア」

提督「フッ、いい顔つきだ。……よし、始めるぞ」

電「……」ゴクリ

提督「建造祭りじゃああああああああああぁぁぁぁ!!!」

レ級「ヒャッハーーーーーーーーー!!!」

天龍「何でだあああああああああああああああ!!!!」
252 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:48:39 ID: 8IscSGCzo

提督「何だ天龍、いたのか」

天龍「いたのかじゃねえよ!テメエが読んだんだろ!!」

天龍「つーかなんだよ建造って!」

提督「建造は建造だろ、おかしな天龍だな」

天龍「そうじゃねえよ!!そこは普通新海域攻略とかだろ!?なんでよりによって建造なんだよ!!」

提督「フッ、愚問だな天龍。理由など決まりきってるだろう」

天龍「何……?」

提督「そこに資材があるからさ」

天龍「かっこつけてるだけで何の理由にもなってねえよ!!」

提督「仕方ないだろかっこつけたいお年頃なんだよ!!」

天龍「テメエそんな年でもねえだろうが!!」

253 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:49:26 ID: 8IscSGCzo

天龍「大体テメエが建造しても深海棲艦しか出ねえだろうが!!」

提督「そこだよ天龍」

天龍「何がだ?」

提督「俺も最初はそう思ってた、いや今もそう思ってる。悔しいがな」

提督「だが昨日の夜俺は気づいたんだよ。ある重大なことにな」

天龍「重大なこと?」

提督「そう……俺が建造しなきゃいいんだよ!」

天龍「……あー、あー」
254 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:51:08 ID: 8IscSGCzo

提督「何でそんな微妙な顔をするんだ」

レ級「『確かに納得だけど考えてみりゃ普通のことだししかもそれをドヤ顔で言われるしどういう反応していいか分からない』ッテ顔してるぞ」

天龍「的確に人の心を読んでくるんじゃねえよ」

提督「そんなわけで天龍、建造を頼む」

天龍「あ?俺か?」

提督「お前だ。深海棲艦勢だと仲間を呼び寄せる感じでダメそうな感じがするからな」

天龍「じゃあ電は?」

提督「……俺の秘書官だからな、こうなんか不思議パワーが働く感じでダメそうな感じが」

天龍「さっきから根拠無さすぎるだろおい」

レ級「サアここで本当のコトをどうぞ」

提督「万が一これで深海棲艦が出ても天龍ならネタ的においしいしいいかなって」

ドゴォッ

255 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:52:06 ID: 8IscSGCzo

提督「」

電「す、すごい音がしたのです!?司令官さん!?」

提督「艦娘の全力腹パンとか反則だろお前……」ピクピク

天龍「フンッ」

・・・・・・

天龍「250、30、200、30……っと。ほい」

妖精「はいどうもー」

提督「さて、建造時間は……」

01:00:00

レ級「一時間か」
256 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:54:02 ID: 8IscSGCzo

提督「軽巡か重巡か……」

レ級「ホ級にリ級、後は……」

提督「だからお前は深海棲艦前提で考えるんじゃねえよ!」

レ級「天龍ナラやりかねないかなって」

提督「ぐっ、否定できん……」

天龍「さっきから俺を無理矢理ネタキャラに仕立てあげようとすんじゃねえよテメエら!!」

妖精「高速建造材使うー?」

提督「使おうか」

天龍「じゃあ頼む」

妖精「はいはーい」
257 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:56:00 ID: 8IscSGCzo

・・・・・・

北上「アタシは軽巡北上。まーよろしく」

提督「あ、ああ……」

北上「?」

提督「北上いいいいいいい!!」ギューッ

北上「うわっ!な、何?」

提督「ありがとう!来てくれて本当にありがとう!」ギューッ

北上「んーっと、もしかしてアタシ一度沈められてたり?」

天龍「そうじゃないんだが……何から話したらいいんだろうな……」

提督「初めてだよ!初めての艦娘だよ!うわああああぁぁん!!」

レ級「大の大人がガチ泣きしてやがんのダッセー」ケラケラ

北上「……うーん、アタシも何から聞いていいかわかんないや」
258 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:58:14 ID: 8IscSGCzo
・・・・・・

北上「……不思議な鎮守府だねー」

提督「心から同意する」

北上「まあ、賑やかそうだしいいんじゃない?アタシは嫌いじゃないよこの雰囲気」

提督「そうか、そう言ってくれるならこっちも気が楽だ」

北上「ま、これからよろしくー」

提督「こちらこそよろしく、北上」
259 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 21:59:15 ID: 8IscSGCzo

北上「今は軽巡だけど、練度が上がれば雷巡になれるから、そこんとこもよろしく」

提督「そういや球磨型の下三人は雷巡になれるんだったか」

北上「そうそう、末っ子はちっと遅咲きだけどね」

提督「雷巡が加わるなら甲標的なんかも必要になるな……」

北上「いいねー、雷巡に成った暁には是非とも欲しいな」

提督「前向きに検討させてもらう」

天龍「おい提督ー、次は何のレシピにするんだ?」

提督「もう一度同じレシピだ」

天龍「了解」
260 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 22:00:47 ID: 8IscSGCzo

01:00:00

提督「また一時間か……」

北上「お、これはアタシの姉妹艦がくるかな?大井っちとかだと嬉しいなぁ」

提督「一時間は結構種類があるからなぁ……さて、妖精さん、高速建造材を」

妖精「先に言われた……はーい」

古鷹「古鷹と言います。重巡洋艦のいいところ、たくさん知ってもらえると嬉しいです。」

提督「お、ついに重巡か」

古鷹「あ、もしかして私が初めての重巡ですか?やったぁ!」

提督「その通りだ」

レ級「因みにアタシがこの鎮守府で初めての戦艦ダナ」ポンッ

古鷹「」

提督「おいレ級……お前わざとやってるだろ」

レ級「エー?何のコトかわかんねーな」
261 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月06日 (月) 22:02:59 ID: 8IscSGCzo
今日はここまでです
因みに艦娘のチョイスは完全に自分の好みだけで決めてます、すいません
279 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:11:11 ID: IqVkyKe+o
とりあえず建造パートだけ終わらせます
今日はそれだけで終わりそうです
280 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:12:03 ID: IqVkyKe+o

提督「古鷹も医務室に置いてきたし、どんどん次行くぞ」

天龍「また同じレシピか?」

提督「いや、メインディッシュに行くぞ」

天龍「つーことは……」

提督「戦艦レシピだ」

レ級「エー、戦艦ナラアタシがいるじゃねーか」

提督「確かにそうなんだが、まあ収集欲みたいなもんだ」

北上「つまりもっとたくさんの女の子を侍らせたい、と」ニヤニヤ

レ級「……」ジトッ

提督「ひ、否定しきれない……!」
281 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:18:11 ID: IqVkyKe+o

天龍「えーと、400の30の600の30っと……。頼んだぜ」

妖精「あいさー、っしゃーやりますよー」フンス

提督「戦艦、戦艦こい……!」

榛名「高速戦艦、榛名、着任しました。」

提督「ッシャ!!」パンッ

榛名「」ビクッ
282 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:19:10 ID: IqVkyKe+o

北上「気持ちはわかるけど榛名さんがビックリしてるよ……」

提督「あ、ああ。すまん」

榛名「い、いえ……あなたが提督なのね?よろしくお願い致します」

提督「そうだ。よろしく榛名」

榛名「はいっ!」パアァ

提督(ええ子やなぁ……)

レ級「……」ジトーッ

榛名「……ふぇっ!?」

レ級「フンッ」
283 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:19:52 ID: IqVkyKe+o

提督「あ、おいどこ行くんだ」

レ級「イ級ンとこ」

タタタタタ……

提督「レ級の奴行っちまった。……なんでだ?」

北上「……にぶちんだねえ」

榛名「て、提督!?今の……」

提督「説明は後でする。とりあえず敵じゃないから安心してくれ」

天龍「ついに説明まで放棄し始めやがった……」

提督「よし天龍、次は空母レシピだ」

天龍「はいはい」

榛名「レ級が鎮守府内に……味方……?でも……」ブツブツ
284 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:21:22 ID: IqVkyKe+o

鳳翔「航空母艦、鳳翔です。不束者ですが、よろしくお願い致します」

提督「……この鎮守府の指揮を取らせて頂いております提督です」ピシッ

鳳翔「あら、真面目そうな方なのですね、頼もしいです」クスッ

提督「はは、そう言って貰えるとは光栄です」

北上「……何か急に真面目になってない?」ヒソヒソ

天龍「……だな」ヒソヒソ

北上「鳳翔さんに良いとこ見せて頼れる提督アピールとか?」

天龍「そういう柄じゃないと思うんだけどなアイツは。ロリコンだし」
285 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:22:07 ID: IqVkyKe+o

北上「うーん……?じゃあなんで……」

天龍「……わかった」

北上「お?して、その理由は?」

天龍「今まで話したことないような大人の雰囲気の女性と突然話すことになって緊張して我を見失った結果真面目っぽくなっただけ、だ」

提督「聞こえてんだよてめえら!!あと正解だよ畜生!!」
286 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:24:03 ID: IqVkyKe+o

提督「よし……最後は俺がやる」

天龍「お前がか?でもそれだと……」

提督「わかってる。でも折角建造してるのに自分は見てるだけだと収まりがつかなくてな」

天龍「そーかい、それで何を建造するんだ?」

提督「ヲ級」

天龍「名指しで来たな……」

提督「ヲ級は提督人気も高いらしいからな。俺も一度資料で見たが確かにかわいかった」
287 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:28:34 ID: IqVkyKe+o

鳳翔「あ、あの、提督?いったい何を……」

天龍「あー、鳳翔さん。俺が説明するんでちょっとこっちに来てください」

提督「いや、とりあえず実物を見てもらった方がいいだろう」

鳳翔「……?」
ヲ級「……ヲ級デス」

提督「提督だ。よろしくヲ級」

鳳翔「!?」

天龍「一発か。深海棲艦に関しては建造運すげえのな」
289 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:33:12 ID: IqVkyKe+o
提督「これで普通に艦娘が建造できたらいいんだがなあ……」

天龍「全くだぜ」

鳳翔「あ、あのこれは……?」

提督「えーとですね……話せば長くなるんですが……」

天龍「ストップだ提督、説明は後だ」

提督「どうした天龍?」

天龍「榛名さんが泡吹いて倒れた」
290 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月08日 (水) 21:34:51 ID: IqVkyKe+o
短いですが今日はここまでで

ネタがない上に書いてもコレジャナイ感が……
こんなの書いてほしいなあ的なのがあれば言ってくれると嬉しいです、拾えるかはわかりませんが
323 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 17:41:48 ID: Gn6QcCv9o
今日の夜投下します

あと雑談は歓迎です
326 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:24:22 ID: Gn6QcCv9o
気合い!入れて!投下します!
327 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:25:36 ID: Gn6QcCv9o

イ級「ちょっと見ない間に増えたッスねぇ」

電「なのです」

イ級「戦艦、正規空母に軽空母、重巡軽巡。とりあえず一通り揃ったってことッスね」

カ級「明らかに1-2も攻略してない鎮守府の戦力じゃないわね……」

イ級「正直練度上げとか要らないッスよねこれ」

提督「そんなことはレ級が着任したときから分かりきってることだろうが」

イ級「ア、提督サン。こんにちはッス」

電「じゃあ何で建造したのですか?」

提督「俺には俺なりの考えがあるってこった」

電「考え、ですか?」
328 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:27:46 ID: Gn6QcCv9o

カ級「何か良からぬこと考えてんじゃないでしょうね……」

提督「良からぬこと?はは、謀反でも企てようってか?」

カ級「ハーレムとか……」

提督「ブッ」

カ級「そして私を調教する気でしょ!エロ同人みたいに!エロ同人みたいに!!お願いします!!!」

提督「しねえしする気もねえよアホ!」

電「はーれ……はわわ!?」ボンッ

イ級「電サン顔真っ赤ッスよ」

電「あう、あうあう……」プシュー

イ級「エラー起こしてるッスね」

カ級「この手の話題には弱そうだものね……」

イ級「でも、確かにこの提督サンなら考えそうッスね」

提督「何でだ。お前らの中で俺はどういう位置付けなんだ?」

カ級「……欲望にまみれたロリコン提督ってトコかしら……」
329 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:28:45 ID: Gn6QcCv9o

提督「根拠のない偏見だ!断固否定するぞ!」

イ級「深海棲艦建造しても提督生命が危うくなるだけなのにヲ級サン建造したのは誰ッスかねえ……」

提督「ぐっ」

イ級「しかもその理由が可愛いからだって聞いたッスよ」

提督「いや、それはその……」
330 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:29:46 ID: Gn6QcCv9o

電「そんなことないのです!」

提督「電……」

電「司令官さんは頼りになる人です!いっつも嫌いなナスを代わりに食べてくれたり頭を撫でたりしてくれるのです!」

提督「いや、電、あの」

電「この前だって秘書官の仕事が終わったら抱っこしてくれたのです!」

提督「」グサッ

カ級「フォローどころか動かぬ証拠を突きつけられてるわね……」

イ級「悪意のない暴力って怖いッスねえ」

331 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:31:14 ID: Gn6QcCv9o

ヲ級「……」ジーッ

榛名「……あの」

ヲ級「?」

榛名「何かご用でしょうか?」

ヲ級「……別ニ」

榛名「じゃあなぜ私をそんなジロジロ見るのですか?」

ヲ級「……」ジーッ

榛名「何か言ってください」

ヲ級「…ア……ヲ……」

榛名「……はぁ」
北上「お、榛名にヲ級じゃん。こんちわー」

榛名「北上さん。こんにちは」

ヲ級「……コンニチハ」
332 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:32:23 ID: Gn6QcCv9o

北上「仲良いねぇ、何してんの?」

榛名「仲良くもないですし、何もしてません」

榛名「私の後ろをずっとついてくるんです、この子」

北上「もしかして仲良くなりたいんじゃない?良かったじゃん着任早々友達ができて」

榛名「良くありません!この子は深海棲艦で、私は艦娘です!」

榛名「本来相容れない存在ですよ!?仲良くなれる筈がありません!」

ヲ級「……!」
333 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:33:38 ID: Gn6QcCv9o

北上「……んー、ねえ榛名っち」

榛名「は、榛名っち?」

北上「まあそこは気にしないで。私はさー、こう、小難しいこと考えるの苦手なんだよね」

北上「だから艦娘がどーだとか深海棲艦がどーだとかそんなの深く考えず付き合うんだけどさ」

北上「榛名っちって真面目だから、それはちょっと難しいと思うんだよね」

北上「でも仲間な以上、どうやっても付き合っていかなきゃいけないわけじゃん?」

榛名「……何が言いたいんですか?」

北上「ああごめんごめん。ここから本題」
334 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:38:25 ID: Gn6QcCv9o

北上「だからさ、そんなすぐに突っぱねないで、ちょっと考えてみたらいいんじゃないかな」

北上「榛名っち真面目だし、きっと一歩引いて考えられると思うんだよね、アタシとは違って」

北上「いつまでも傷ついたヲ級っちの顔見てるのはこっちも辛いしさ」

北上「傷つけて突っぱねるんじゃなくて傷ついてたら歩み寄るのが仲間じゃん?」
ヲ級「……」

北上「いやー分かるよヲ級っち、無言でも無表情でも私には何から何まで全部お見通しだよ」

北上「でもさ、それじゃ皆わかんないから、ヲ級っちもまずは一歩踏み出してみよ?行動しなきゃ変わらないもん」

ヲ級「……ハイ」

北上「……っかー!くっさい台詞はアタシには似合わないね!それじゃあ後はごゆっくり!」

榛名「あ、北上さん!」

ヲ級「……」
335 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:40:12 ID: Gn6QcCv9o

榛名「……ヲ級さん、さっきは言い過ぎました。ごめんなさい」

ヲ級「……」フルフル

榛名「あの、それで……何かご用でしょうか」

ヲ級「……」

ヲ級「私ト……友達ニ、ナッテクダサイ」

榛名「……一度、一人で考えさせてください」

ヲ級「……」コクコク

336 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:41:27 ID: Gn6QcCv9o

【数時間後 執務室】

提督「……」カリカリ

バタァンッ!!

榛名「提督!提督!」

提督「うおぅっ!?榛名か、どうしたそんなに慌てて」

榛名「凄いです!凄いですよ!」

提督「分かった、分かったから落ち着け。何が凄いのかもわからん」

榛名「深海棲艦ってこんなに可愛かったんですね!榛名、感激です!!」

提督「…………は?」

榛名が深海棲艦フェチになりました
337 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:42:47 ID: Gn6QcCv9o
・・・・・・

提督「レ級、今時間あるか?」

レ級「ア?まあ暇だけど」

提督「そうか。前に料理教えてくれって言ってたろ?時間ができたから今からやろうと思ってな」

レ級「オ、やるやる」

提督「ん、じゃあ食堂行くか」

レ級「何作るんダ?」

提督「サラダだな、とりあえず今日は包丁の使い方に慣れよう」

レ級「分かった」
338 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:44:27 ID: Gn6QcCv9o
【食堂】

提督「もう片方の手は猫の手にしてだな……」

レ級「猫の手?」

提督「こういう風に丸めるってことだ、猫の手っぽいだろ?」

レ級「ナルホド」

提督「そんで、左手を野菜の上に乗っけて……」

提督「体の向きは真ん前向くんじゃなくて右向きだな」

レ級「メンドクセーナー」

提督「そういうな、ちゃんと大事なことなんだから」
339 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:46:01 ID: Gn6QcCv9o

レ級「エート、こう構えて……こうか」ザクッ

提督「あー、切るときは下ろすんじゃなくてもっと前に押し出す感じだな」

レ級「押し出す?」

提督「分かりづらいか?どれ……」ダキッ

レ級「!?」

提督「グッと斜め下に押す感じでだな……レ級?」

レ級「」プシュー

提督「おい、下向いてちゃ危ないだろ」

レ級「分かった!分かったからチョット離れろ!」ブンブン

提督「うお!?刃物持って暴れるんじゃねえ!」

レ級「フンッ」ザクッザクッ
340 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:46:43 ID: Gn6QcCv9o

提督「あとはこれを皿に盛り付けて……」

レ級「ン」

提督「うっし、完成だな」

レ級「ハー、疲れた」

提督「はは、これだけで疲れてちゃ料理なんてできねえぞ?」

レ級「ウッセー」ベシッ

提督「痛いっ!」

提督「それにしても飲み込み早いなお前、初心者のそれじゃないぞ」

レ級「ヘヘッ、レ級サマをナメんなよ」
341 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:48:00 ID: Gn6QcCv9o

鳳翔「あら?提督さんにレ級ちゃん」

提督「あ、鳳翔さん」

鳳翔「今日の晩御飯当番は私でしたよね?どうして提督さんが?」

提督「レ級に料理の仕方を少し教えていたんですよ」

鳳翔「あら、レ級ちゃん料理に興味があるの?」

レ級「まーな」

鳳翔「なら、良かったら今日の晩御飯一緒に作ってみる?」

レ級「エ、いいのか?」

鳳翔「ええ、こっちも人手が増えて助かるもの」

レ級「じゃあやる!」

鳳翔「ふふ、よろしくね、レ級ちゃん」

提督(少し心配な気がしないでもないが……)

提督(……まあ、包丁の使い方はかなり飲み込み早かったし、鳳翔さんもいるし大丈夫か)
342 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月11日 (土) 20:49:27 ID: Gn6QcCv9o
今日の分はここまでです

今さらですがキャラ崩壊注意、主に榛名
358 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:16:55 ID: 8qEaZAgMo
今日の分投下します
359 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:18:34 ID: 8qEaZAgMo

天龍「……で、出来たのがこれか」

古鷹「うわぁ……美味しそう……」

イ級「カレーッスか。見た目も普通だし美味しそうッス。……意外ッス」ボソッ

カ級「まあ、これなら心配はないわね……」

レ級「お前らアタシを何だと思ってンだ」

北上「んー、『ダークマターを笑顔で差し出してくるメシマズヒロイン』って感じ?」

ヲ級「……右ニ同ジデス」

レ級「カレーじゃなくてレ級サマの砲撃を食らいたいらしいなテメーら」ジャキッ
360 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:19:31 ID: 8qEaZAgMo

電「はわわ!?」

榛名「ダメですよレ級ちゃん!同じ仲間なんだから武器なんて向けちゃいけません!」

ヲ級「榛名……」ダキッ

榛名「大丈夫ですよヲ級ちゃん」ニコッ

北上「……」ポカーン

北上「ねえ提督、榛名っちのあの変わりようは何?」

提督「いや、俺にもわからん。ちょっと前に執務室に来たかと思ったら急に深海棲艦を可愛がり始めた」

北上「……いや、考え直してみてとはいったけどさぁ……」

提督「何だ、心当たりがあるのか?」

北上「まあ、かくかくしかじか四角いムーブな感じで」
361 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:21:18 ID: 8qEaZAgMo

鳳翔「味は私が保障します。ちゃんと味見もしましたから」

提督「なら安心だな。じゃあ……」

電「頂きます!なのです!」

イ級「天龍サン、切り込み隊長役は任せたッス」

天龍「ああ?どんだけ用心深いんだよお前……」パクッ

北上「軽巡北上、いっきまーす」パクッ

榛名「頂きます!」パクッ
天龍「」ゴフッ

北上「」ブフォッ

榛名「」ゴプッ

バタッ

電「……え?」

提督「て、天龍?」

古鷹「き、北上?」

ヲ級「……榛名、榛名!?」
362 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:22:05 ID: 8qEaZAgMo

天龍「あああああああああああああああああああああああああ!!!!」ゴロンゴロン

北上「」シーン

榛名「榛名、は、大丈……ぶ……」

古鷹「え!?」

提督「天龍!?北上!?榛名!?」

鳳翔「あ、あら?」

天龍「いはいいはいいはいいはい!(痛い痛い痛い痛い!)」

提督「鳳翔さん!?味見したんじゃ……」

鳳翔「わ、私は確かにしました!」
363 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:22:59 ID: 8qEaZAgMo

電「こ、これ水なのです!」

天龍「」ゴクッゴクッ

天龍「今度は喉がいてえええええええ!!!」

提督「そんなに!?」

北上「ああ、待ってよ大井っち……そこはダメ……」

提督「気をしっかり保て北上!うちの鎮守府に大井はまだ来てないぞ!」

北上「皆が川の向こう岸で手を振ってるよ……楽しそう……」

提督「だめだ北上!やめろ!そこを渡るな!」

北上「ああ、提督?短い間だったけど、あり……が…と………」

提督「北上いいいいいいいい!!!」

榛名「榛名は大丈夫です榛名は大丈夫です榛名は大丈夫です榛名は大丈夫です」ガクガク

提督「榛名それ明らかに大丈夫じゃねえから!」

榛名「ダイジョウブダイジョウブハルナハダイジョウブ……」ゴパッ

提督「吐血したー!?」
364 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:23:55 ID: 8qEaZAgMo

北上「死ぬかと思った……」

天龍「コヒュー……コヒュー……」

榛名「榛名はもう大丈夫です……いや本当に」

イ級「天龍サン虫の息ッスね……」

提督「鳳翔さん、本当に味見したんですよね?」

鳳翔「しました!前に食べた時は確かに……」パクッ

提督「あ、ちょっと!?」

鳳翔「~~~~っ!!!!」

提督「鳳翔さん!?水!どうぞ!」

鳳翔「」コクッコクッ

鳳翔「か、かはい(辛い)……」

カ級「別に鳳翔さんが味覚音痴って訳じゃなかったのね……」

提督「一体どうなって……ん?」
レ級「ウメー」パクパク

提督「お前のせいかああああああああああ!!!!」

レ級「ア?」
365 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:24:52 ID: 8qEaZAgMo

レ級「何か付け加えたかって?」

提督「そうだ、具体的には鳳翔さんが味見した後に」

レ級「ウン」

提督「お前なあ……」

レ級「ダッテ辛く無かったんだモン、仕方ネーだろ」

提督「だからってこれはやり過ぎだろ!」

レ級「でもなあ、確かに入れたけど付け加えたって程じゃねーんだぞ、チョットだチョット」

提督「ちょっとで済むような辛さじゃねえだろこれ……一体何入れたんだ?」

レ級「ンートナ、ちょっと待ってろ。持ってくる」
366 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:25:54 ID: 8qEaZAgMo

レ級「これこれ」

提督「何だこれ……?」

天龍「いかにも危険物って感じのラベルだぞ……」

北上「ドクロマーク……劇薬か何か?」

電「英語読めないのです……」

提督「んーと……ですそー……デスソースじゃねえかこれ!?」

古鷹「ですそーす……?」
367 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:27:13 ID: 8qEaZAgMo

カ級「何その人に食べさせる気のない名前……?」

イ級「デスソース、アメリカの会社が発売している滅茶苦茶辛いソースのことッスね」

イ級「色んなシリーズがあって中にはカプサイシンそのものの辛さのモノもあるッス」

イ級「これは多分ウルトラデスソースッスね。スコビル値、つまり辛さの指標は約百万でタバスコの約550倍の辛さッス」

天龍「550倍!?」

カ級「何でそんなの知ってるのよ……」

イ級「本で読んだことがあるッス」
368 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:28:18 ID: 8qEaZAgMo

古鷹「どうりで天龍と北上があんなことになるわけだね……」

提督「何でこんなモンが鎮守府に……?まさか支給品なのか?」

天龍「いや、そりゃねえだろ……」

電「あるとしたら前任の司令官さんの時の残り物、でしょうか、」

イ級「アー、それはあるカモ知れないッスね。倉庫とかにもまだ色んなモノが残ってるッス」

提督「今度本格的に探索する必要がありそうだな……」

提督「まあ、とりあえずこれは没収だ」

レ級「エー」
369 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:30:01 ID: 8qEaZAgMo

提督「使うときはお前だけ使え」

レ級「ハーイ」

鳳翔「それで、このカレーはどうしましょう?」

提督「レ級に全部食わせるしかないですかね。捨てるのは勿体ないですし」

レ級「何だ?コレ全部食っていいのか?」

提督「ああ。おかわりもいいぞ」

レ級「ヨッシャー!」

榛名「提督!提督!レ級ちゃんが作ったカレーなら私も食べます!」

提督「無理しなくていいから。レ級の料理ならまた次も食べられるだろ」

レ級「カレーはやらねーぞ、アタシのもんだ」プイッ

榛名「そうですか……」ショボーン

提督「……俺たちは出前取りましょう」

鳳翔「そうですね……」

レ級「アタシピザで」

提督「てめえの分は頼まねえよ!!」
371 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月13日 (月) 22:32:08 ID: 8qEaZAgMo
今日の分はここまでッス
ヲ級はもうちょっと喋る性格にしても良かったかもしれない、大人数にすると会話に出てこなくなる
407 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年10月16日 (木) 22:47:03 ID: uBRx9dM3o
今週は更新難しそうです、すいません
417 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:48:39 ID: ze3CDyPoo
お待たせしました、今日の分投下します
418 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:49:27 ID: ze3CDyPoo

・・・・・

【執務室】

提督「……」カリカリ

電「司令官さん、本部より通達なのです」

提督「どれどれ……」

パサッ

電「司令官さん、お手紙落ちましたよ……司令官さん?」

提督「……電、悪いがヲ級とレ級を連れてきてくれないか。できる限り早く。後しばらく自由にしてていいぞ」

電「……?了解したのです」
419 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:50:10 ID: ze3CDyPoo

レ級「……」

ヲ級「……」

提督「正座」

レ級「へ?」

提督「正座」

レ級「……ハイ」

ヲ級「……ハイ」
420 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:50:58 ID: ze3CDyPoo

提督「さっき本部からこんな通達があったんだ」スッ

提督「レ級、読んでみろ」

レ級「エート……」

『先日○○町にて深海棲艦らしき物を二隻見たとの情報が民間人より入った。

情報によると一隻は杖を持ち特徴的な頭部、もう一隻は小さな体躯に巨大な尻尾を持っていたとのこと。

この事から目撃された深海棲艦は空母ヲ級及び戦艦レ級であると推測できる。

また、ヲ級及びレ級は人語を解し友好的だったとのこと。

人語を介する深海棲艦は姫級以外観測されたことがなく、また友好的であることからも本物である可能性は限りなく低い。

しかし万が一の事態に備え提督諸君は注意されたし』」
421 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:51:46 ID: ze3CDyPoo

提督「……レ級、これを読んでどう思う」

レ級「アタシたちの特徴をよく掴んでるナ」

ゴツンッ

レ級「ッテエェ……」

提督「しばらく間宮アイス抜きな」

レ級「エーッ!」

ヲ級「ヲッ!?」
422 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:52:25 ID: ze3CDyPoo

提督「なら外には出ないでくれ、悪いとは思うがお前らも自分の立場は分かってるだろ」

レ級「ムー……だって榛名が大丈夫だって言うから……」

提督「……何?榛名が?」

ヲ級「ヲ」コクコク

レ級「堂々としてればきっとバレないって」

提督「……のせられるお前らもお前らだが……榛名……」

提督「お前らは下がっていいぞ、代わりに榛名を呼んできてくれ」

レ級「ハーイ」

ヲ級「……」

榛名はこの後こっぴどく叱られました
423 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:53:21 ID: ze3CDyPoo

【同時刻 とある鎮守府】

ガチャッ

加賀「失礼します。大本営より緊急の通達です」

「ああ、ありがとう加賀さん」

青葉「むむっ!これはスクープの予感!」

加賀「下がってなさい青葉。……あなたどこから出てきたの?」

青葉「気にしちゃだめです加賀さん!それで、どんな内容なんですか?」

「……ふむ……近くの街に深海棲艦が出現した、との情報が入ってきたようです」

加賀「!?」
424 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:54:53 ID: ze3CDyPoo

青葉「本当ですか!?これはスクープですよ!」

「……ですが、これは恐らくイタズラでしょうね」

加賀「何故ですか?」

「読んで見ればわかるでしょう、下の方です」

加賀「……成る程、人語を解し友好的な深海棲艦、ですか」

「通達も念のため、といったところでしょうな。青葉、くれぐれも変に詮索しないように」

青葉「ぐっ……はーい」

加賀「それでは失礼します。青葉、行くわよ」

青葉「はーい加賀さん。ではでは、失礼します、元帥」

バタン

元帥「……人語を解し友好的な深海棲艦……いや、まさか」
425 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:56:20 ID: ze3CDyPoo

【数日後の夜】

衣笠「加古ー、青葉しらない?」

加古「え?見かけてないけど」

衣笠「んー、どこいったのかしら……」
426 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:57:21 ID: ze3CDyPoo

青葉「……」コソコソ

青葉(こんばんは、青葉です)

青葉(今日はとある鎮守府にせんにゅ……取材にきています)

青葉(アポ無しだけど多分大丈夫です)

青葉(今日この鎮守府に来た理由はズバリ、例の深海棲艦についてです)

青葉(通達があってから数日、結局大本営の出した結論は『コスプレを本物を勘違いした』だそうです)

青葉(どうやらその日は近くでそういう系のイベントがあったとか何とか)

青葉(深海棲艦も一部の層からは人気だとは聞いてますが、そこまでだとは知りませんでした)
427 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 22:58:53 ID: ze3CDyPoo

青葉(いやでもそれはないでしょう、明らかに嘘だと決めつけようとしてる感が否めません)

青葉(それで独自に取材を続けてみたら情報が出てくる出てくる)

青葉(更に数日かかってついに突き止めましたよ!この鎮守府を!)

青葉(さーて、じっくり取材を……」

イ級「何をブツブツ言ってるッスか?」

青葉「ひいいいいいいいいい!?」

428 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 23:00:08 ID: ze3CDyPoo

イ級「チョ、今深夜ッス。うるさいッスよ」

青葉「そ、それより、イ、イ級、なんで」

イ級「そういや見ない顔ッスね、新入りッスか?オイラは味方ッス。敵意はないッスよ」

青葉「え、あ、そうなんですか?ビックリしちゃいました!えへへ!」

青葉(ヲ級とレ級ならともかくイ級まで!?どうなってるんですかこの鎮守府!?)

イ級「今日の夕飯の時にはいなかったッスよね?」

青葉「はい、ついさっき建造されたんですけど、工廠に誰もいなくて」

イ級「ンー、誰が建造したんスかねえ……とりあえず提督サンの所行くッスよ」

青葉「いや、もう遅いですし明日にしませんか?司令官ももう寝てるでしょうし」

イ級「そうッスか?じゃあ空き部屋に案内するッス」

青葉「ありがとうございます!」
429 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 23:01:54 ID: ze3CDyPoo

イ級「とりあえずここ使ってくださいッス」

青葉「はい、重ね重ねありがとうございます!」
ガチャッ

提督「……話し声がすると思ったら何やってんだお前ら」

レ級「イ級と……誰だお前」

イ級「ア、提督サン、レ級サン。何で同じ部屋に?」

レ級「スマブラやってた」

イ級「成る程ッス」

青葉「どもども、本日付で着任しました青葉です!」

提督「……ふーん?」

レ級「オー、よろしく」
430 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 23:03:03 ID: ze3CDyPoo

提督「よろしく……って言いたいとこだが」

提督「レ級、今すぐこいつを取り押さえろ。多少手荒でもいい」

レ級「ン?わかった」ガシッ

青葉「ちょっ!?いきなり何ですか!?」

提督「嘘つくならもう少しマシな嘘をつけ」

イ級「ア、やっぱり提督サンが建造指令したんじゃないんスね」

提督「いやそうじゃない」

レ級「?」

提督「建造されたばっかなのに改装備の奴がいるわけねえだろ」

青葉「……あ」
431 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月20日 (月) 23:04:16 ID: ze3CDyPoo
今日はここまでです、次はそこそこ話が動く……はず。

あと大変私事ですが大和出ました
445 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage 2014年10月22日 (水) 01:39:23 ID: nvzvav43o
猿轡を噛まされた上で頭部をすっぽり袋で覆われ
後ろ手に縛られてすすり泣く青葉が、
背中を突き飛ばされるように押されながら
行き先はわからないけれど、とにかくひたすら前方に進まされ、
必死で抵抗したら両脇をがっちり固められた挙句足首まで縛られて引き摺られ
誰からも見てもらえない涙と鼻水と涎で顔面をぐちゃぐちゃにしつつ
ぶんぶん頭をふりながら声にならない声で嫌だ嫌だと繰り返す以外何もできない

そんな様子をちょっと想像してみてくれたまえ変体紳士諸兄共よ
452 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:13:52 ID: sY8OyVbIo
遅れました、投下します
453 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:14:50 ID: sY8OyVbIo


【数十分前 元帥の鎮守府】

衣笠「元帥、加賀さん、青葉見てない?」

加賀「夕食前に見たのが最後ですね」

衣笠「その後は?」

元帥「見ていませんね、どうかしたのですか?」

衣笠「実はさっきから見当たらないのよ。どこいったのかしら……」

加賀「……元帥、まさか……」

元帥「そのまさか、でしょうなあ……全く……」

元帥「加賀さん、少し出てきます」

加賀「了解しました。……ですが、どこにいるのか分かるのですか?」

元帥「実は、少し心当たりがありましてな」

加賀「そうですか、お気をつけて」

元帥「ええ。衣笠も、心配せずとも大丈夫ですよ」

衣笠「そう?まあ元帥がそういうなら……」
455 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:15:54 ID: sY8OyVbIo

【再び提督の鎮守府】

青葉「うう……乙女をこんなあられもない姿にするなんて……」グスン

提督「誤解を招くような言い方をするんじゃない。艤装解除させただけだろうが」

レ級「それで、コイツどーすんだ?」

提督「うーん、どうすっかなぁ……」

青葉「さては青葉に乱暴する気でしょう!エロ同人みたいに!エロ同人みたいに!」

提督「そのネタはカ級で間に合ってるから」

提督「とりあえず……お前、どこの鎮守府の艦娘だ?」

青葉「……元帥の鎮守府です」

提督「……嘘だろオイ……」
456 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:17:31 ID: sY8OyVbIo

青葉「本当です!私にひどいことしたら大勢の艦娘がすっ飛んできますからね!」

レ級「ゲンスイ?なんだそいつ」

イ級「要するにめっちゃ偉い人ってことッス。少なくとも提督サンより遥かに」

レ級「ヘー、どんなやつなんだ?」

提督「見た目は完全にじいちゃんだな。もう八十台半ばとかだった気がするな」

提督「温厚な性格で艦娘からの信頼も厚く、ここら辺じゃ唯一の元帥」

提督「しかも提督としての実力も軍人としての実力もピカ一で、噂じゃ肉弾戦なら大和型と互角に渡り合えるって話だ」

イ級「つまり完璧超人ってことッスね」

レ級「シレーカンとは大違いダナ」

提督「やめて割りとマジで傷つくからそれ」

青葉「へへん」

イ級(……自分とこの提督べた褒めされてめっちゃ嬉そうッス)

457 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:18:26 ID: sY8OyVbIo

イ級「話を戻すッス。今日ここに来ることを誰かに言ったりしたッスか?」

青葉「……えーと」

提督「別に思い出せないわけじゃねえだろ、早くしろ」

青葉「……言い、まし、た?」ダラダラ

レ級「急にキョドり始めたな」

イ級「明らかにさっきとは様子が違うッスね」

提督「嘘つくの下手だなお前」

青葉「そ、そんなことないでしゅっ!」

青葉「~~~~っ!」ジタバタ

イ級「慌てたせいで舌噛んだみたいッスね」

提督(かわいい)
458 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:19:08 ID: sY8OyVbIo

提督「さて、本当にどうすっかなぁコイツ」

レ級「海に沈めるか?」

青葉「ひいっ!?」

提督「却下」

イ級「じゃあ山に埋めるとか」

青葉「ひいいっ!?」

提督「却下」

青葉「口外しませんから!固く胸の内にしまっておきますから許してください!」

提督「それも却下だ。信じられるわけないだろ」

レ級「じゃあどうすんだよ」

提督「だから悩んでんだろうが……」
459 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:19:47 ID: sY8OyVbIo

イ級「後は鎮守府に閉じ込めておくくらいッスか」

提督「どっちもできない以上それが妥当だが……」

レ級「シッ、ちょっと待てシレーカン」

提督「……どうしたレ級」ヒソヒソ

レ級「鎮守府の外に誰か来てる。めっちゃつえーぞ」ニカッ

提督「笑顔で最悪の事態を告げるんじゃねえ」

ピンポーン
460 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:20:20 ID: sY8OyVbIo

提督「」ビックウゥゥ!!

イ級「もしかしなくても噂の元帥サンっすよね、これ」

提督「オイちょっと待て、お前誰にも伝えてないんだろ?」

青葉「はい……確かにその筈ですけど、あっれー?」

イ級「この人のことだからどっかで情報が漏れてたんじゃないんスか?」

提督「さもありなん、だな」

レ級「デ、どーすんだ?」

提督「居留守とか……」

レ級「出きるわけネーだろ目覚ませ」ペチーン

提督「へぶっ!」
461 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:21:16 ID: sY8OyVbIo

元帥「夜分遅くに申し訳ありません」ケイレイ

提督「いえいえ、何かご用でしょうか?」ケイレイ

提督(やべーよ本当に元帥来たよどうしよ……)

元帥「実はうちの青葉が少し前に居なくなりましてな」

提督「それは……元帥自らご苦労様です。しかしなぜうちの鎮守府に?」

元帥「あなたは、数日前の大本営からの通達を覚えておいでですかな?」

提督「……深海棲艦が地上に表れた、というあれでしょうか」

元帥「そう、それです。青葉はどうやらそのことを独自に調べていたようなのです」

提督「ですが、あれは既に結論が出ていたのでは?」

元帥「おっしゃる通りです。ですが青葉はそれに納得しなかったようですな」
462 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:22:55 ID: sY8OyVbIo

提督「成る程。しかし、その件がうちの鎮守府とどう繋がるのですか?」

提督「まさか、私が深海棲艦を匿っている、と?」

元帥「ええ」

提督「……」

元帥「……」

元帥「はは、冗談です。失礼しました、夜分遅くの訪問、重ねて御詫びします」

提督「こちらもご協力できず申し訳ありません」

元帥「いえ。……時に」

提督「?」

元帥「壁際からこちらを伺っているそこの娘さんは一体?」

提督「え?」

レ級「ア」

提督(……詰んだ)

463 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:24:35 ID: sY8OyVbIo
元帥「……成る程、事情は概ね把握しました」

提督「……」ダラダラダラダラ

青葉「物凄い汗ですね、人間が流していい量じゃありませんよ」

元帥「それにしてもいやまさか、本当にこんな事が……実際に目にしているというのに、信じがたいですな」

イ級「そう思うのも仕方のないことッス。でも紛れのない事実ッスよ」

レ級「アタシたちは提督の艦娘ダ。見た目は深海棲艦でもな」

青葉「そんなこと言って、実はこの鎮守府を取り込もうとしてるんじゃないですか?」

レ級「ッセーナ、テメーを深海に送ってやろうか」ジャキッ

青葉「ひいいっ!ぼ、暴力反対ですよ!」
464 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:25:35 ID: sY8OyVbIo

元帥「こら青葉。失礼しました、代わってお詫びしますお嬢ちゃん」

イ級「武器を下ろすッスよ、ここで暴れても提督サンの不利にしかならないッス」

レ級「……フン」スッ

提督「……」ダラダラダラダラ

レ級「テメーも何か言え」ペチーン

提督「ひでぶっ!」

提督「俺にできることなら何でもします!コイツらの解体だけは勘弁してください!」ドゲザ

元帥「……ふっ、はっはっはっは!」

提督「……?」
465 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:26:52 ID: sY8OyVbIo

元帥「いやすみません。あなたは少し勘違いしているようだ」

提督「と、言いますと?」

元帥「最初から大本営に報告する気などありません。安心してください」

青葉「元帥!?」

提督「本当ですか!?」

元帥「ええ。そちらのお嬢さんたちはあくまであなたの味方なのでしょう?」

元帥「私もできることなら無用な争いは避けたい。それが味方を名乗る存在なら尚更だ」

イ級「だけど、いいんスか?オイラが言うのもあれッスけど、実は深海棲艦側の可能性だってある筈ッスよ」
466 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:28:31 ID: sY8OyVbIo

元帥「こんな老いぼれですが、人を見る目だけは自信があるつもりです」

元帥「さあ青葉、帰りますよ。勿論今日の事は他言無用ですからね」

青葉「本当にいいんですか?」

元帥「何度も言わせないでください。男に二言はありませんよ」

元帥「それでは提督殿、私はこれで失礼いたします」

提督「お心遣い、心から感謝します」

元帥「はは、私は自分の良心に従っただけですよ、では」

バタン
467 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:29:07 ID: sY8OyVbIo

イ級「……噂どおり、凄い人ッスね」

提督「はああああぁぁぁ……良かった……」

イ級「見つかったのがあの人で本当に助かったッス」

提督「膝が大爆笑してるぜ……何はともあれ丸く収まってよかった」

レ級「アタシのおかげダナ」ドヤァ

提督「結果論だろうが、お前間宮アイス抜き一週間追加な」

レ級「ハアッ!?」

468 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:30:02 ID: sY8OyVbIo

【後日】

元帥「おや、大井はどこですか?」

球磨「あっちの鎮守府に行ってるクマ、どうかしたクマ?」

元帥「装備の見直しについて話があったのですが……あっちの鎮守府?」

球磨「例の深海棲艦の鎮守府だクマ、北上さんの匂いがするとかいって朝一番にすっ飛んでいったクマ」

元帥「待ってください、その鎮守府については何も通達していないはずです」

球磨「青葉が朝食の時に口を滑らせて一気に話が広まってるクマ」

球磨「たぶんもう知らない艦娘の方が少ないと思うクマ」

元帥「……」

球磨「クマ?元帥、どこにいくクマ?」

元帥「青葉の所です」

元帥「少し……お説教が必要なようですから」

球磨(あ、あれ割りと本気で怒ってる時の目付きだクマ。怖いクマ)

このあと滅茶苦茶説教されたby青葉
469 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月24日 (金) 22:32:10 ID: sY8OyVbIo
今日はここまでです
>>445を見て心が揺らぎましたが普通にほのぼの日常する方向でいきます
491 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年10月26日 (日) 23:20:12 ID: b0IV6Kfjo
今日の投下分のデータが吹っ飛びおった……
もう少し投下遅れます
506 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 20:57:54 ID: ENyBxukuo
投下します
507 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 20:58:45 ID: ENyBxukuo

天龍「……へえ、俺たちが寝てる間にそんなことがねえ」

提督「マジで漏らすかと思った」

古鷹「元帥さんがいい人で良かったね」

カ級「全くよ……朝起きたら解体処分が決まってたなんて冗談にもならないわ……」

北上「んー、大井っちが来たのはそういうことだったんだね」

大井「そういうことです北上さん会いたかったです北上さん」

北上「そーお?嬉しいなー」

大井「嬉しいだなんて北上さんあらあらうふふ北上さん」
508 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 20:59:30 ID: ENyBxukuo

天龍「でもよお、おかしくねえか?」

提督「何がだ?」

天龍「さっきの話だとこの鎮守府のことを知ってんのは元帥さんと青葉だけだろ?」

古鷹「あっそっか。ならなんで大井さんがいるの?」

大井「北上さんを思うが故にですよ」

提督「嘘をつくんじゃない。青葉が朝食の時にうっかり口を滑らせたらしい」

提督「ついさっき電話が来たよ」

古鷹「……青葉……」ハァ

天龍「なんだ、そういうことか」
509 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 21:00:14 ID: ENyBxukuo

カ級「……」

北上「っていうことは他の元帥の艦娘たちもこっちに来たりするのかな?」

提督「元帥が許可するかどうかだな」

古鷹「提督さんはどう考えてるんですか?」

提督「俺か?んー……揉め事が起きない限りは自由にしてくれて構わないな」

天龍「レ級たちもいいのか?」

提督「人に見つからなければ大丈夫だろ」

天龍「……なんか投げやりになってねえか?」

提督「なんか一度見つかったらどうでもよくなってきてな」

天龍「おいおい……」
510 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 21:01:01 ID: ENyBxukuo

古鷹「加古にも会えるのかな?」ワクワク

提督「向こうにいればな」

大井「加古さんならいますよ、というかほとんどの艦娘がいます」

提督「マジか……すげえなやっぱり」

天龍「てことは龍田もいんのかー、俺も今度顔だしてみっかな」

カ級「どっちにしろ私には関係ないわね……」

提督「向こうにも潜水艦はいると思うぞ?行かなくていいのか?」

カ級「興味ないわ……どうせ気味悪がられるだけだろうし」

古鷹「そんなことないと思うけどなあ」

提督「まあ、お前がそう言うなら無理強いはしねえよ」
511 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 21:02:47 ID: ENyBxukuo

北上「提督ー、そろそろ演習の時間じゃない?」

天龍「げっ、もうそんな時間か」

カ級「もう十分じゃないの……?少なくとも鎮守府海域なら制圧できるわよ……」

大井「まだしてなかったんですか!?」

北上「うん、演習と遠征しかしてないよね」

大井「はぁ……」

提督「そんなあからさまに溜め息をつかないでくれ」

提督「俺も最初は早く攻略しなきゃと思ってたんだがな、最近どうせなら皆を改にしてからにしようと思い始めて……」

北上「アタシとかはともかく、他の艦娘を改にするのはまだ少し時間かかるよ?」

大井「全員改造する前に大本営から催促が来ると思います」

提督「だよなぁ……」
512 : ◆ORcNa3SjGM sage 2014年10月28日 (火) 21:03:55 ID: ENyBxukuo

天龍「深海棲艦勢はいつ改にできるのかすらわかんねえからな」

カ級「そういえば、イ級がそろそろ改になれそうとか言ってたわね……」

提督「じゃあイ級と北上だけで我慢するかなー……」

北上「おっ、ついにアタシがスーパーな北上さまになるときが来たね?」

大井(雷巡になれると分かって期待を隠しきれない北上さんかわいい)

提督「よーしじゃあお前らいってこい、大井はまあ見学なりこのまま帰るなり好きにしろ」

大井「あまり無断ででかけていても元帥に迷惑がかかるので帰ります」

提督「そうか」

大井「それでは北上さん、また来ますね」

北上「今度一緒にモンハンやろーねー」フリフリ

天龍「うーっし、今日もレ級にボコられに行くかー」

古鷹「あはは……」
513 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月28日 (火) 21:04:46 ID: ENyBxukuo

カ級「……ねえ提督、大井のことなんだけど」

提督「なんだ?」

カ級「鎮守府のことを知ってたとしても、ここに北上がいるってなんでわかったの?」

提督「そりゃあ、青葉から」

カ級「青葉は北上に会ってないのに?」

提督「……確かに」

カ級「……あながち、愛ゆえにっていうのは間違ってないのかしら」

提督「恐るべし、大井……」
514 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年10月28日 (火) 21:05:20 ID: ENyBxukuo
恐ろしく進んでない……

今日はここまでです
522 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage 2014年10月29日 (水) 07:49:28 ID: CDBPxxueo
ほんやく だれか たのむ

俺の拙い語学力では鎮守府の良心イ級さんがドアを力業で壊して出ていったというように読めてしまうぞ
523 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage 2014年10月29日 (水) 08:15:20 ID: 9zFGGoD4o
>>522
|ω・`)つ[ヒント]:スターウォーズ
529 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage 2014年10月29日 (水) 14:00:32 ID: xUkEI++/O
だから青葉と大井関係ないよ!
解体するのはドロし過ぎで余りまくってる妙高姉妹でいいだろ!
530 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage 2014年10月29日 (水) 14:51:07 ID: 9zFGGoD4o
>>529
近代化改修するたびに
??「私なんて、強化していただかなくても…(素手で充分強いですよ?)」
??「(私よりも弱い)ほ、他の人を改造してあげて」
と言ってくる謙虚な羽黒を解体だと?
545 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:23:38 ID: uSXVDpDBo
今日の分投下します
546 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:24:35 ID: uSXVDpDBo

青葉「本っ当に申し訳ありませんでしたぁ!」

元帥「私からも重ねてお詫び申し上げます」

提督「顔を上げてください。別に何か問題が起きたわけじゃないですし俺は気にしてませんから」

青葉「うう……ありがとうございます……」

元帥「ありがとうございます」

提督「それで、他の艦娘たちの反応はどうなんですか?」

元帥「様々ですな。好奇心を持つ者や別に気にしない者が殆んどでしたが……」

提督「やはり、中には快く思わないのも?」

元帥「ええ。私もできる限り説得はしますがこればかりは……」

提督「いえ、お気持ちだけで十分です。そもそも理解を示せる方が難しいでしょうから」

元帥「ありがとうございます……厚かましいのですが、それに関して一つお話があるのですが」

提督「何ですか?」
547 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:25:35 ID: uSXVDpDBo

元帥「艦娘の中にはそちらの鎮守府に行ってみたいと言う子もいましてな、あなたさえ良ければと……」

提督「こちらは構いません、基本的に暇ですから」

青葉「それを提督がいうのはどうなんですか?」

提督「ぐっ」

元帥「青葉」

青葉「う、すいません……」

元帥「それでは、そのように伝えておきます」

提督「ええ、よろしくお願いします」

元帥「それと、もう一つ用件があるのですが」

提督「何でしょうか?」

元帥「実は……」
548 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:27:08 ID: uSXVDpDBo

レ級「演習?」

提督「そうだ」

レ級「それならいつもヤってるじゃねーか、何で今さら?」

提督「ああ違う違う、相手は元帥の艦娘だ」

レ級「元帥……あのジーチャンか」

提督「そう、レ級の対策は出現海域とかの問題で立て難いらしくてな」

レ級「フーン、アタシに実験台になれってか」

提督「それは曲解しすぎだろ、やることは普通の演習だ」

レ級「分かってるよ、いつやるんだ?」

提督「都合がつき次第向こうから連絡がある」

レ級「そーか」

提督「……なんだ、乗り気じゃないのか?てっきりお前なら喜ぶと思ってたんだが」

レ級「んー……正直あんまり楽しみじゃねーんだよな、なんでだろ?」

提督「俺に聞くなよ。まあこればっかりは決まっちまったことだし、一度くらい付き合ってくれ」

レ級「リョーカイ、シレーカン」
549 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:27:49 ID: uSXVDpDBo

【執務室】

提督「……」カリカリ

提督「……」チラッ

提督「そろそろ演習が終わる時間か」

ガチャッ

イ級「演習終わったッスよ」

北上「これ報告書ね」

提督「おうお疲れさん。お前らが報告に来るなんて珍しいな」

イ級「そりゃあ……」

北上「ねえ?」

提督「……まさか、ついに?」

イ級「そのまさかッスよ」

北上「今回の演習でついに改造が可能になりましたー!」

イ級「イエーイ!ッス」ピョンピョン

提督「本当か!じゃあ早速工廠に行くぞ!」

イ級「了解ッス!」

北上「はーい!」
550 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:28:47 ID: uSXVDpDBo

【工廠】

妖精「こんちわーっす、今日は何の用で?」

提督「こいつらの改造だ」

イ級「ッス」

北上「いえーい」

妖精「おっ、ついに来たねー、もうそんなになったのか」

北上「毎日毎日レ級とやりあってるからねー、勝てないけど」

イ級「そればっかりはどうしようもないッス」

妖精「やっぱあの子強いんだねー」

提督「バランスブレイカーにも程があるからな」

イ級「ホイホイ運用できないのが玉に傷ッスけどね」

北上「そのおかげであたしたちにも出番が回ってくるし、文句は言えないけどね」
551 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:29:39 ID: uSXVDpDBo

提督「それで、北上はともかく、イ級の方は改造できるのか?」

イ級「それが心配ッスねえ」

妖精「んー、まあいつも通りやれば何とかなるでしょ」

提督「イマイチ不安が残るな……」

イ級「だからって改造しないわけにもいかないッス、よろしくお願いするッスよ」

妖精「任しときー」

提督「まずは北上からだな」

北上「うーい!待ってましたよー」
552 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:30:24 ID: uSXVDpDBo

北上「軽巡北上改め、重雷装巡洋艦北上でーっす、いえーい」

提督「おめでとう北上」

大井「お美しいです北上さん」ポタポタ

提督「……お前いつからそこにいた?あと鼻血を拭け、ほらティッシュ」

大井「ありがとうございます、北上さんたちが工廠に着いた辺りからです」

提督「最初からじゃねーか!」

イ級(恐るべし北上センサーッス)

北上「ちわーっす大井っち」

大井「こんにちは北上さん、改造おめでとうございます」

北上「えへへー、ありがとね♪」

大井「」ブッ

提督「これタオルと輸血パック持ってきた方がいいか?」

イ級「大丈夫ッスよ……多分」
553 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:31:09 ID: uSXVDpDBo

北上「さーて提督、生まれ変わったスーパーな北上さまの力、存分に見せつけてあげるからね」

提督「期待してるぞ。……しかし、そうなると甲標的の開発が必要になってくるか」

イ級「今まで本格的に開発に取り組んだことは無かったッスからね」

提督「確か46cm砲の副産物だったか……千代田も千歳もうちにはいないしな……」

北上「無理にとは言わないけど、やっぱり先制雷撃は夢だよねー」

大井「元帥に余分な装備がないかかけあってみましょうか?」

提督「いくらなんでもそりゃ厚かまし過ぎる。今度榛名かレ級に手伝ってもらうさ」

北上「楽しみに待ってるからね」

提督「おう、楽しみに待ってろ」

大井「……さっさと開発しないと××××潰すわよ」ボソッ

提督「……できる限り早く作ってやる、安心しろ」

北上「ほんと?嬉しいなあ」

大井「ふふ、良かったですね北上さん」ニコニコ

提督(……よりによって他の鎮守府の提督を脅すかコイツ?)

提督「次はイ級の番だな」

イ級「待ってましたッス!」
554 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:31:49 ID: uSXVDpDBo

イ級「新生イ級の誕生ッスよ!」

提督「……」

北上「……あれ?変わってなくない?」

提督「……俺もそう思う」

イ級「酷いッス!?ちゃんと変わったッスよ!」

大井「どこが?」

イ級「オイラの目をよく見るッス!」

提督「目?」

北上「……あ、赤い」

提督「前は確か……緑とか青だったか?」

イ級「その通りッス」
555 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:32:32 ID: uSXVDpDBo

大井「なるほど、通常艦からフラグシップになったんですね」

提督「改造っつーよりマイナーチェンジだな」

北上「んー、率直に言って地味だよね」

イ級「」ガーン

大井「でもこれなら改造を繰り返せば後期型になれると思いますよ」

提督「後期型になると何が変わるんだ?」

大井「手足が生えます」

北上「何というか、シュール」

イ級「」ガーン

提督「ただ、それならできる限り早くしておきたいな、イ級自身の利便性のためにも」

イ級「早く自分の手だけでご飯が食べれるようになりたいッス」

北上「手足がないのに不便がそれだけってどうなのよ」

イ級「何事もやりようッスよ」

提督「やりようだけじゃカバーできないディスアドだと思うんだがな……」

北上「今度普段の生活をじっくり観察したいよね」

イ級「それは気恥ずかしいんでやめてほしいッス」
556 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月02日 (日) 21:33:25 ID: uSXVDpDBo
今回はここまでです、あまり投下できずすいません
564 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) sage 2014年11月02日 (日) 22:50:41 ID: FyvQQ5EI0
>大井「なるほど、通常艦からフラグシップになったんですね」
赤はエリートでは?
566 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月02日 (日) 23:09:49 ID: uSXVDpDBo
>>564
しまった、うっかりしてた……

おっしゃる通りフラグシップではなくエリートです
脳内補完お願いします
584 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月10日 (月) 23:38:53 ID: j7OvFK/io
一応生存報告です
今週中の更新は難しそうです、すいません
590 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 21:59:56 ID: pMWXLWH8o
投下していきます
592 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:00:51 ID: pMWXLWH8o

提督「カ級って普段何して過ごしてるんだ?」

カ級「……私……?何でそんなこと……」

提督「いやあ、イ級レ級ヲ級もそうなんだが、他の皆に比べるとお前は特に私生活が想像できなくてな」

カ級「そんなことわざわざ知らなくていいでしょ……セクハラで訴えるわよ……」

提督「いや無理にって訳じゃないんだが、皆ともっと親しくなるきっかけにもなるかもしれないだろ?」

カ級「私には関係ないわ……一人の方が疲れなくていいの……」

提督「そうか……」

カ級「話はそれだけ……?じゃあね……」ズリズリ……

提督「むう……」
593 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:01:47 ID: pMWXLWH8o

榛名「提督?どうかされましたか?」

ヲ級「ヲ?」

提督「カ級のことなんだが……どうも一人を好むというか他人を嫌う節があってな」

榛名「私も時々遊びに連れていこうとしてるんですけど、取り合ってくれないんです」

提督「そうか……おい待て、今何て言った」

榛名「え?……あ」

提督「あれだけ深海棲艦を街に連れ出すのは今後禁止だと口を酸っぱくして言ったのにお前って奴は……」

榛名「ち、違います提督!未遂です!」

提督「未遂だろうと関係ないわ!試す時点でアウトだ!」

榛名「ごめんなさい……」

提督「ったく、皆が皆お前みたいに深海棲艦好きなわけじゃないんだぞ?」

榛名「はい……」
595 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:02:26 ID: pMWXLWH8o

ヲ級「……テイトク」

提督「ん?」

ヲ級「ア……ソノ…ソレ、クライニ……シテ、アゲテクダサイ」

提督「あー、わかったよ。榛名、ヲ級に免じて許すけどもうするなよ」

榛名「はい……それでは提督」

提督「おう」

提督「……ヲ級もそこそこ話すようになってきたな、そこは榛名のおかげなんだろうが……」

提督「……もっと常識人のポジションだと思ってたんだがなぁ……」
596 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:05:40 ID: pMWXLWH8o
・・・・・・

【演習場】

北上「まああたしはやっぱ、基本雷撃よねー」

レ級「甘えたコト言ってんじゃネーゾォ!」ドォン!!

北上「」轟沈!

北上(雷撃、雷撃ができれば……)
北上「四十門の酸素魚雷は、伊達じゃないからね、っと!」

レ級「オッソーイ!」バシュッ

北上「」轟沈!

北上「……うう」プカー

天龍「……だめだ、完全に押さえ込まれてらあ」

イ級「流石にアレはちょっとかわいそうッス」
597 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:06:28 ID: pMWXLWH8o

【執務室】

提督「……」カリカリ

北上「提督ー!」バタンッ!!

提督「うおっ!?どうしたそんな慌てて?」

北上「前言撤回!今すぐ!今すぐあたしに甲標的を!」

提督「そうしてやりたいのは山々なんだがなぁ、まだ作れてなくてな……」

北上「うう~……」

提督「すまんな、また今度に……」

『……さっさと開発しないと××××潰すわよ』

提督「……やっぱ今から工厰行くか」

北上「ほんと?やったー!」パアァ

提督「となると戦艦組が必要だから……榛名と、あとレ級も呼んできてくれ。俺は先に工厰に行ってるから」

北上「了解!」

提督(……これで開発できなゃ冗談じゃなく潰されそうだな……)
598 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:07:11 ID: pMWXLWH8o

【工厰】

妖精「今日はどんな用件で?」

提督「開発だ。いつもの通り甲標的狙いで」

妖精「あいさー、そんじゃ開発担当は?」

榛名「私です」

妖精「榛名ちゃんね。そんじゃ早速始めようか」

北上「……」ワクワク
599 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:08:38 ID: pMWXLWH8o

-一回目-

ペンギン「クエー」

提督「まあ、こんなもんか」

北上「一回目は流石にねえ」

-二回目-

35.6cm連装砲「チーッス」

提督「もう一度だ」

北上「どんどんいこう」

-5回目-

ペンギン「クエー」

提督「……まだだ。次いこう」

北上「うん」
600 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:10:07 ID: pMWXLWH8o

-10回目-

三式弾「ウィーッス」

提督「今はあんまりおいしくないな……」

北上「うん……」

榛名(だ、段々空気が……)

-12回目-

ペンギン「クエー」

北上「……」

-15回目-

46cm三連装砲「ヤア」

提督(……普通なら諸手をあげて喜ぶんだが……)チラッ

北上「……」ズーン

提督「……次だ」
601 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:10:53 ID: pMWXLWH8o

榛名「その、提督?そろそろ資源が……」

提督「こんくらいならどうとでもなる」

北上「いいよ提督、あたしのわがままにこれ以上付き合わせるわけにもいかないし」

提督「しかしな……」

北上「いいのもたくさん出たしさ、今日はこれくらないにしとこ?」

提督「……」
602 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:11:50 ID: pMWXLWH8o

レ級「ナア、アタシも一度開発したい」

提督「お前なあ、この流れでそれを言うのか」

レ級「いーじゃねーか一回くらい、せっかく来たのに一度も開発してねーんだぞ」

提督「……一回だけだぞ」

レ級「ヨッシャ!」

妖精「レ級ちゃんかー、大丈夫なの?」

レ級「レ級サマをナメんなよ」

妖精「今まで開発成功したことないのに?」ニヤニヤ

レ級「……」ムスー

提督「あんまりからかわないでやってくれ」

妖精「ごめんなさーい、それじゃ始めましょ」

北上「……」
603 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:12:27 ID: pMWXLWH8o

レ級「……オ、出来た」

提督「なんだこりゃ……魚雷?」

北上「んー、でも甲標的じゃないよね……」

妖精「わたしも見たことないなー、なんだろ?」

榛名「少なくとも正規の装備じゃないですね」

レ級「こりゃアタシが使ってる魚雷だな」

提督「お前がか?」

レ級「アア」

北上「やっぱり甲標的じゃないかー、残念」

榛名「また今度ですね……」
604 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:13:13 ID: pMWXLWH8o

提督「いや待て、もしかしたら……」

提督「北上、これ装備できそうか?」

北上「これを?ちょっと待ってねー……出来た」ガション

提督「それなら開幕雷撃ができるかも知れんぞ」

北上「へ?どーいうことさ」

提督「レ級エリートは確か開幕雷撃が可能だ。コイツはまだ通常艦だから出来んが、お前なら出来るかもしれん」

北上「ほんと!?ちょ、ちょっと演習場行ってくるね!ついてきて榛名っち!」

榛名「へ?うわあ!?」バヒュン

提督「行っちまった……追いかけるか」

レ級「オウ」
605 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:16:41 ID: pMWXLWH8o

【演習場】

提督「そんな急がんでもいいだろ……で、どうだった?」

榛名「私の格好を見てくれればわかりますよ……まだ準備もできてなかったのに……」轟沈!

レ級「つーことは……」

北上「ついにやったよ提督ー!出来たよ!開幕雷撃!」

提督「おお!」

レ級「オー」

北上「えへへっ、これからはスーパーな北上さま改めスーパーでちょっとダークな北上さまでいくよ、よろしくね提督」

提督「ああ」

北上「それとレ級っち、本当にありがと。今度からは一筋縄じゃいかないからね?」ニヤッ

レ級「何なら今からヤるか?」

北上「いいよー、今のあたしなら行ける気がする……!」
606 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:18:42 ID: pMWXLWH8o

北上「」チーン

レ級「ヘヘン」ドヤッ

榛名「……まあ、開幕雷撃の前に艦載機で攻撃されたら」

提督「開幕雷撃もクソもないわな」
607 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月16日 (日) 22:19:09 ID: pMWXLWH8o
今日はここまでで
617 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:41:56 ID: ANd6/G1Ho
少ないですが投下します
618 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:42:55 ID: ANd6/G1Ho

金剛「榛名ー!!」

榛名「きゃっ!……お姉さま?」

金剛「Yes!こっちに榛名がいるって聞いて、いてもたってもいられなくなってつい来ちゃいマシター!」

榛名「ということは……元帥さんの?」

金剛「That’s right! 今は元帥の鎮守府に所属シテマース!」

榛名「そういうことでしたか、お会いできて嬉しいです!」

金剛「私もデース!」

榛名「比叡お姉さまや霧島は?」

金剛「……あれ?一緒に鎮守府を出たのに置いてきちゃったネー」

榛名「お姉さま……」

金剛「Sorryデース……」
619 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:44:08 ID: ANd6/G1Ho

・・・・・・

電「それで、その時司令官さんが…… 」

レ級「ヘー、アイツも中々……ん?」

鳳翔「ふぅ……」

電「鳳翔さん、何してるのですか?」

鳳翔「あら、電ちゃんにレ級ちゃん」

レ級「チッス」

鳳翔「実はね、そこの倉庫なんだけど、色々置いてあるみたいじゃない」

電「なのです」

鳳翔「だからこれから必要になる前にいるものといらないものと分けておこうと思ったんだけど……人手が足りなくて」

電「それなら電も手伝うのです!」

レ級「そういうことならこのレ級サマに任せな」

鳳翔「あら、助かるわ」フフ

電「それじゃあお掃除開始!なのです!」

レ級「オー」
620 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:45:17 ID: ANd6/G1Ho

・・・・・・

金剛「榛名ー!比叡たちが来るまでTeatimeの準備デース!」

榛名「分かりました……けど、道具はどうするんですか?」

金剛「心配ありまセーン!食堂に一通り置いてあるはずデース!」

榛名「そうでしたか……あれ?」

金剛「そうと決まれば早速準備デース!Follow me!」

榛名「あ、ちょ、お姉さま!」

榛名(……何でお姉さまがこっちの鎮守府のことに詳しいのかしら?)
621 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:46:24 ID: ANd6/G1Ho

・・・・・・

電「よいしょ、っと!」ドサッ

鳳翔「レ級ちゃん、これ運んでくれるかしら?」

レ級「ヨッシャ任せろ」ヒョイ

鳳翔「流石力持ちねぇ」

レ級「ヘヘン」

電「大分片付いてきたのです」

鳳翔「ほんと、人手が増えたらあっという間だったわね」

レ級「色々あるなー、ゲームに資料に……」

電「よくわからない機械とかもあるのです」

鳳翔「ただ、全部そこまで古いものじゃないみたいね、埃もそこまで被ってないし」
622 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:47:07 ID: ANd6/G1Ho

レ級「後は……ン?何だこれ」

電「アルバム……ですか?」

鳳翔「前の提督さんの時のかしら?」

レ級「そーみたいだな」ペラッ

電「艦娘がたくさん……」

鳳翔「結構大きな艦隊だったみたいね」

レ級「コノ鎮守府が無駄に広いのはそーいうコトか」

電「これはどうしますか?」

鳳翔「捨てるわけにもいかないし、大切に閉まっておきましょうか」

レ級「ン、わかった」
623 : ◆ORcNa3SjGM saga sage 2014年11月22日 (土) 20:48:09 ID: ANd6/G1Ho

・・・・・・

金剛「あ」

榛名「どうしました?お姉さま」

金剛「そういえば、比叡と霧島はこっちの鎮守府の場所知らないネー……」

榛名「……ええ……」

金剛「どうしましょう……もう準備しちゃったネ……」

榛名「迷子になってなければいいんですけど……」

金剛「霧島がついてるしそれは多分大丈夫ネ」

榛名「余った紅茶はどうしましょう」

金剛「ンー……」
624 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月22日 (土) 20:48:56 ID: ANd6/G1Ho

・・・・・・

鳳翔「電ちゃん、レ級ちゃん、ご苦労様。本当に助かったわ」

鳳翔「お礼になるかは分からないけど、何か甘いものでも作ってあげるわね」

電「本当ですか!?」

レ級「ヨッシャア!」
625 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月22日 (土) 20:50:17 ID: ANd6/G1Ho

【食堂】

レ級「ン?」

榛名「こんにちはレ級ちゃん」

金剛「Wow!噂には聞いてたけど、実際見るとちょっと驚くデース」

レ級「ああ、あのじーちゃんのとこのか」

金剛「Yes!」

電「そういえば、アルバムにも金剛さんがいたのです」

金剛「アルバム?」

鳳翔「倉庫に置いてあったんです。多分前任の提督さんの時のだと思うんですが……」

金剛「Oh!それ私デース!」

レ級「?さっき元帥とこのだって言ったじゃねーか」
626 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月22日 (土) 20:53:41 ID: ANd6/G1Ho

金剛「元帥の鎮守府に着任する前の話ネ、今は元帥の艦隊所属デース」

電「そうだったのですか」

榛名「なるほど、それならこっちの鎮守府に詳しいのも納得ですね」

レ級「何で元帥とこに移ったんダ?」

金剛「……色々あったんデース……」

鳳翔(あまり、深入りしない方が良さそうね)

鳳翔「そういえば、金剛さんたちも食べますか?お菓子」

金剛「お菓子?」

鳳翔「ええ、みんなで食べようって話だったんです。お二人がよければ是非」

金剛「Yes!是非とも貰いマース!」

榛名「それなら、私はもう一つカップ持ってきますね」

レ級「……」
627 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年11月22日 (土) 20:55:08 ID: ANd6/G1Ho
今日はここまでです
更新速度はこれからまた遅くなりそうです……
640 : ◆ORcNa3SjGM sage saga 2014年12月11日 (木) 00:01:16 ID: Ur1kvg9Jo
危ない、危うく酉を忘れるところだった
遅れました、少しですが投下します
641 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:02:55 ID: Ur1kvg9Jo

【イ級の部屋】

レ級「オーイ」ガチャッ

天龍「レ級じゃねーか、どうした?」カチャカチャ

レ級「シレーカンどこ行ったか知ってるか?」

天龍「ああ、アイツなら今ごろお偉いさんにお小言食らってるだろうぜ」カチャカチャ

レ級「ハア?何やらかしたんだ?ンデお前は何やってンだ?」

天龍「海域攻略がいくらなんでも遅すぎるとかでついに催促食らったんだよ。スマブラ」

レ級「アホだな。アタシも混ぜろ」

天龍「だな。おう、とりあえずこれ終わったらな」

レ級「ったくよー、アタシに任せてくれれば全部ぶっ潰してきてやんのに」

天龍「まあそう言うなって」
642 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:03:59 ID: Ur1kvg9Jo

ガチャッ

イ級「……天龍サン、レ級サン、プライバシーって知ってるッスか?」

レ級「知ってる知ってる、ウマイよな」

天龍「しゃーねーだろ、64おいてあんのお前の部屋だけなんだから」

イ級「……まあいいッス。お客さんッスよ」

レ級「客?」

夕張「うわぁ、本当にレ級がいる……」

天龍「あ?また元帥のとこの艦娘か」

レ級「……何で抱き抱えられてンのお前」

イ級「成り行きッス」
643 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:05:01 ID: Ur1kvg9Jo

天龍「どんなだよ……おっ、終わったぞ」

レ級「ヨッシャ!アタシネスな」

夕張「……客をもてなす気が微塵も感じられないんだけど」

イ級「申し訳ないッス、あとでお茶菓子でも持ってくるッスよ」

天龍「おうイ級、それに夕張、突っ立ってないでこっち来いよ。一緒にやろうぜ」

レ級「アタシたちなりのオモテナシをくれてやるよ」ニッ

イ級「……らしいッスよ?」

夕張「……じゃ、お言葉に甘えるわ」
644 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:06:34 ID: Ur1kvg9Jo

イ級「ところで、夕張サンはなんでこっちに来たッスか?」カチャカチャ

夕張「単なる好奇心よ」カチャカチャ

イ級「好奇心だけでよく来れたッスね、誰かと一緒とかならともかく」

天龍「本人たちの前で言うのもアレだけど、深海棲艦だからなー、普通怖がらねえか?」

レ級「なにか裏があるとか?」

夕張「ふえっ!?そ、そんなわけないでしょ!」

イ級「明らかに動揺してるッスよ」

天龍「裏ねえ、あわよくばなんかの実験材料にでもってか?」カチャカチャ
645 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:09:48 ID: Ur1kvg9Jo

夕張「……正直なところを言うと、それもあるわ。深海棲艦は数のわりにデータがないからね」

天龍「データねえ」

夕張「そ、データ。……あっ!?その道連れはひどくない!?」

天龍「でた、カービィの強制道連れ」

イ級「この鎮守府の辞書に手加減なんて言葉はないッスよ」フッ

レ級「最下位は罰ゲームだナ」

夕張「え?聞いてないわよ!」

レ級「今決めた」

夕張「ひどっ!?」
646 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:11:17 ID: Ur1kvg9Jo

ガチャッ

提督「……声がすると思ったら、何してるんだお前ら」

電「そちらの方は?」

レ級「オ、お帰りシレーカン」

天龍「見りゃわかるだろ?スマブラだよ。んでこいつが……」

夕張「軽巡夕張で……ああっ!?」

イ級「最下位は夕張サンッスね」

夕張「……お邪魔してます、軽巡夕張です。元帥の艦隊に所属してます。」

提督「もてなすようなものも無いが、まあゆっくりしていってくれ」

夕張「はい」

天龍「電も来たし罰ゲームはやめにして負け抜けにすっか」

レ級「ダナ」

夕張「た、助かった……」

電「いつの間にか参加することになってるのです……」

提督「今日は仕事ももうないし参加したいなら好きにしていいぞ。つーかお前ら、初対面に罰ゲームなんてやってんじゃねえ」

レ級「やってねー、未遂ダ未遂」

提督「未遂でもアウトだろが」

電「あはは……」
647 : ◆ORcNa3SjGM saga 2014年12月11日 (木) 00:12:41 ID: Ur1kvg9Jo
スマブラしかしてませんが今日はここまでで
やる予定のネタもさっさと書いてしまいたい

イ級ぬいぐるみ欲しいなあ……あと古鷹さん改二おめでとう
660 : ◆ORcNa3SjGM sage saga 2015年01月01日 (木) 19:07:20 ID: UFN2gxJYo
こちらの事情で申し訳ありませんが、今の状況でこのままssの投下を続けるのは難しいと判断しました。
なのでこのスレは一旦落として、落ち着き次第また別のスレを立てようと思います
その時はまた読んでくださると嬉しいです

関連記事

no image

戦艦棲姫「カ級ちゃーん、さんは付けなくていいっていつも言ってるでしょ~」 SS

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013年11月06日 (水) 20:33:

記事を読む

no image

提督「よし、とりあえずはプランを決める。まず俺は五十鈴と何をしてる時に苦しみだす?」

1 : ◆IPYIJYmMYgAf saga 2015年03月19日 (木) 22:19:25 ID

記事を読む

no image

金剛「テートクがちゃんと寝るかの確認デス。体調管理も仕事の内デスよ」 SS

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします sage saga 2013年11月22日

記事を読む

no image

イ級「どうも初めまして、駆逐艦イ級と申します、これからよろしくお願いします」

2 : ◆9SnXbC5NXw saga 2014年11月21日 (金) 16:14:35 ID:

記事を読む

no image

提督(風があるな、すこし窓は閉めておこうか) 祥鳳「少し曇り気味でしたもんね」

2 : HC8K29gL0 saga 2014年08月05日 (火) 00:12:26 ID: HC

記事を読む

no image

神通「今年も最初に聞く声が提督の声で嬉しいです」 隼鷹「なら提督が女子校生役な」

2 : ◆eYw0lnfieY saga 2014年07月14日 (月) 23:39:54 ID:

記事を読む

no image

青葉「見事に全問正解されちゃいました……青葉、割とドン引きです」 SS

2 : ◆F.lQmLP.5M saga 2015年01月16日 (金) 21:26:04 ID:

記事を読む

no image

朝潮「す、すごい連続技・・・」三日月「司令官ってなんでも出来るんですね・・・」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします saga 2014年09月04日 (木) 0

記事を読む

no image

加賀「もっと馬鹿正直で、血の味さえする心と心の真っ向からのぶつけ方でしょ」

8 : ◆mZYQsYPte. sage 2014年08月15日 (金) 01:04:20 ID:

記事を読む

no image

春雨「司令官、バレンタインです!!チョコではなくクッキーですけど」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします sage 2014年05月30日 (金) 23:36:51

記事を読む

    PAGE TOP ↑