「 月別アーカイブ:2015年03月 」 一覧

朝倉「何でもないなら、そんなおびえた目で女の子を見ないの。傷ついちゃう」 キョン「ああ、すまん」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010年05月18日 (火) 00:29:14 ID: ROa+Ipy+0 事の発端は、1通のメールだった。 2 : 以下、名無しにか

続きを見る

ハルヒ「だからね、昨日キョンが大好きって言ってくれてすごく嬉しかったの」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年04月25日 (土) 21:46:21 ID: QVG1LML/0 キョン「なぁ、ハルヒ」 ハルヒ「ごめんちょっとトイレ行ってくる

続きを見る

キョン「ナイスタイミングだ、ハルヒ」 長門「涼宮ハルヒによるもと思われる情報爆発を確認」

1 : 土頃空 ◆2LEFd5iAoc saga 2014年05月20日 (火) 21:31:47 ID: S14mTgHK0 俺はハルヒの顔面に回し蹴りを決める。今日はなかなかいい手応えだ。

続きを見る

佐々木「ごめんね……ボク、さっき古泉君の病室にいたんだ。橘さんの代わりに、お見舞いに来てたんだよ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年02月18日 (土) 21:19:46 ID: nqnBxaL40 キョン「……最低なこと聞くやつだな」 谷口「い、いやだって

続きを見る

古泉「まったく……とにかくゆっくりお風呂ぐらい入らせてあげましょう」みくる「お茶目さんですねえ、あ、あはは」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年08月06日 (木) 03:51:47 ID: mq3BzhXc0 みくる「え」 古泉「ビジネスホテルのシングルルームに閉じ込

続きを見る

キョン妹「キョンくん…女の幸せはね、イケメンでお金を持っていて優しい男を捕まえることなんだよ」

1 : 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008年06月17日 (火) 22:45:37 ID: 2OTj4yiE0 キョン「え?」 ハルヒ「だから、彼氏ができた…あんたとの恋人ごっこはおし

続きを見る

佐々木「何度泣かせたら気がすむんだい…?」 キョン「…これで最後にできるよう、努力はするさ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年05月25日 (月) 00:03:11 ID: 5LZJbiTmO キョン「…ふぅ。なんか悪いな、今日は淡々としちまって」 佐

続きを見る

佐々木「…あのDVDでは、キスは3回してたかな?」 キョン「…もう胃液も出ないわ」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011年08月14日 (日) 22:31:56 ID: p9uJJfLz0 ・文芸部室 古泉「…なるほど。いや、確かに友人女性の痴態を

続きを見る

谷口「お前も結構興味示してんじゃねーか。その雑誌やるよ」 キョン「べ、別にいらんよ」

4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011年07月04日 (月) 20:05:02 ID: GaSSAg+q0 ~教室~ ハルヒ「はぁ~今日も暑いわねぇ」 キョン「

続きを見る

ハルヒ「特別にアンタに決めさせてあげるんだから早くしなさいよ」 キョン「運転手さん、待たせて済まん。駅前まで安全運転で頼む」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009年02月08日 (日) 09:41:57 ID: iTKhJMU50 ハルヒ「タダの人間には興味ありません」 キョン「お」

続きを見る

ハルヒ「これ、『mikuruファルダ』って書いてあるわね。中身は何なのかしら?」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014年02月15日 (土) 18:00:07 ID: NBG2jZEa0 ~放課後 部室 団活中~ キョン「なあハルヒ」 ハルヒ「

続きを見る

谷口「でも、本当に良いのか?キョンと付き合ったんだろ」 ハルヒ「いいのよ、キョンはあたしのこと裏切らないって言ってたし」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013年01月09日 (水) 21:28:05 ID: GmA7iPrb0 コンコン、ガチャ ハルヒ「!?」 キョン「あれ……ハ

続きを見る

キョン「まずは汗を拭き取らないとな」 ハルヒ「え?いや、軟膏を塗るだけでいいから」 SS

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012年05月11日 (金) 00:09:36 ID: IOPOljwP0 キョン「まず両手をしばります」 ハルヒ「は?」 キョ

続きを見る

長門「知らず知らずの内に恥ずかしい事をいっぱい言わせて晒す」古泉「それはそれは…ナイスアイデアだ」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013年11月15日 (金) 02:44:40 ID: fJ7DYBbE キョン「ハルヒ」 ハルヒ「キョン」 キョン「ハルヒ」 ハルヒ「

続きを見る

キョン「って感じの脚本を考えたんだが今度の映画にどうだろう」ハルヒ「あんたバカでしょ」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2014年03月07日 (金) 04:15:27 ID: sDUUK7OU ハルヒ「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの~」 キョン「なあ」 ハルヒ「な

続きを見る

古泉「……そろそろ部室に行かなくてはいけませんね」みくる「あっ、そうですねっ。急いで着替えなくちゃ」

1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012年02月29日 (水) 13:19:30 ID: 7m/e.dAQ よろしくお願いします! 3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2012年0

続きを見る

ハルヒ「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」 キョン「SOS団?」

1 : 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします sage 2014年01月09日 (木) 16:07:48 ID: HPT1+xZY0 キョン「なぁ、さっきのアレはどこまでが本気だっ

続きを見る

キョン「一人犠牲にするより、みんなで助かる事を考えるべきだろ!ハルヒ! 」

1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします sage 2013年11月11日 (月) 04:26:42 ID: TBBy02dD0 ハルヒ「誰にしよっかなー」 古泉「…僕はもう書き

続きを見る

キョン「ハルヒが不思議なものに興味を示さなくなったら?」 ハルヒ「その時、この世にあたしが体験していない不思議が消えた時ね」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします saga 2013年08月25日 (日) 16:56:12 ID: UCAOqidW0 キョン「例えば」 キョン「俺とハルヒが付き合

続きを見る

佐々木「分かっているはずだ。僕がこの力を使うことはしないんだ」 キョン「やめろ。どうせ見つけられないだろ」

1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします saga 2013年03月20日 (水) 00:35:58 ID: BSBUAYpFo 佐々木「好意といっても、様々な種類がある。キョン、何で

続きを見る

    PAGE TOP ↑